体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電気グルーヴ、スチャダラなど豪華ゲストを招いて25周年ツアーが終幕

電気グルーヴが11月08日(土)に結成25周年ツアー“塗糞祭"のファイナル公演をZEPP TOKYOにて開催! スペシャルゲストに砂原良徳、CMJK、スチャダラパーを迎え貴重なセットリストのライブを披露した。

11月08日(土)@ZEPP TOKYO (okmusic UP's)

結成25周年ツアー“塗糞祭”は10月29日(水)からスタート。東名阪3会場4公演の同ツアーには、スペシャルゲストに砂原良徳、CMJK、スチャダラパーを迎え行われた。

この日のツアー最終日は、最新作『25』に収録、シリーズ最新曲「電気グルーヴ25周年の歌」からスタート。ステージ上下左右一杯に組まれた巨大な白階段の中央部分に、戦闘機のコクピットさながらのDJブースが組まれ、石野卓球とサポートメンバーであるagraphの二人が音を操縦する。ステージ・フロントで縦横無尽に動くピエール瀧との三位一体のパフォーマンスにスタートから会場は大熱狂!またこの巨大な白階段にはプロジェクション・マッピングが投影され、矢継ぎ早に繰り出された『UFO』、『KARATEKA』収録の5曲で、瞬く間にトリップ・アウト。

そして最初のゲストはメジャーデビュー直後に脱退したオリジナル・メンバーCMJKが登場!卓球と瀧からのイジリに会場も爆笑!メジャー1stアルバムとなった『FLASH PAPA』から「ビコーズ」、「マイアミ天国」、「BINGO」を披露する。続いて登場したDJ TASAKAと2曲を披露。入れ換わるようにスチャダラパーが登場。この二組と言えば、この曲「聖☆おじさん」からスタート。そして、「ANI vs 瀧」、「瀧 vs ANI」を披露し、会場の熱も笑いも急上昇。とにかくトークの面白さに引っ張られていたが、最後にまさかの「今夜はブギーバック」、しかも卓球がサビを歌うという、全く飽きさせない演出だ。

後半戦に入ると、先日ツイッターでも話題になった“この曲で事務所が潰れました”事件の「Flashback Disco」や最新曲「Baby’s on Fire」、そして、この最終日のみ出演する天久聖一が登場し「21世紀もモテたくて」を披露。そして最後のゲストはやはりこの人、砂原良徳。電気グルーヴ在籍時の8年間にリリースされた「富士山」や「ママケーキ」「Shangri-La」など7曲を披露。当時のアレンジなども混ぜており、昔からの電気ファンは多幸感に包まれていたに違いない。

そしてノーゲストでの最終ブロックは現体制の電気グルーヴ代表曲「モノノケダンス」「UPSIDE DOWN」から「N.O.」の原曲である「無能の人」、そして34曲目となる最後を「電気ビリビリ」で締め括る、電気らしからぬ?高サービス且つ、贅沢な一夜。ツアータイトル“塗糞祭(とふんさい)”は、まさに25年分のあらゆるものを塗られたかのような、大きな祭りだった。

ソールドアウトになったこのライブに残念ながら行けなった人のために、12月21日(日)にWOWOWにて、本日のライブがO.A.されるとの事。ライブに来た人も、来れなかった人もチェックしよう。

また、2015年1月からスタートするケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・監督作品、テレビ東京系ドラマ24「怪奇恋愛作戦」のエンディングテーマに電気グルーヴの新曲が決定している。電気グルーヴはケラ監督がかつて主宰していたナゴムレコードで1988年に人生(ZIN-SAY!)としてデビューして以来、25年以上もの古い親交を持つ。今回はケラ監督たっての希望で書下ろしが実現した。電気グルーヴらしい中毒性あるミディアム・トラックで、鑑賞後のドラマの印象を左右するエンディングテーマにおいて、切なさと懐かしさを感じさせる見事な楽曲に仕上がっており、「ケラさんの要望が明確だったのでやりやすかったです。打ち合わせは実質2分で終わりました。」とコメントしている。

【セットリスト】
01. 25周年の歌
02. Twist of the World
03. Mud Ebis
04. BBE
05. Hi-Score 
06. ケトルマン
■07-09 Featuring Guest CMJK
07. ビコーズ
08. マイアミ天国
09. BINGO
■10&11 Featuring Guest DJ TASAKA
10. 浪曲インベイダー
11. ドリルキング社歌
■12-15 Featuring Guest スチャダラパー
12. 聖☆おじさん
13. アニ vs タキ
14. タキ vs アニ
15. 今夜はブギーバック
16. 完璧に無くして
17. Flashback Disco
18. Baby’s on Fire
■19 Featuring Guest 天久聖一
19. 21世紀もモテたくて
■20-21 Featuring Guest 砂原良徳
20. 俺が畳だ殿様だ
21. ポパイポパイ
22. ちょうちょ
23. お正月
24. 富士山
25. ママケーキ
26. Shangri-La
27. モノノケダンス
28. UPSIDE DOWN
29. Fake It !
30. スマイルレススマイル
31. Jumbo Tanishi
32. カメライフ
33. 無能の人
34. 電気ビリビリ

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。