ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

執行役員は法律上も役員?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 最近よく聞く、会社の役職に「執行役員」があります。さて、Aさんはこのたび、社長から命じられて、昇進しました。その役職は「執行役員 営業本部長」です。

 Aさんは法律上も役員でしょうか?それとも、ただの従業員でしょうか?

(1)従業員
(2)法律上も役員

A.

正解(1)従業員

 会社法上、「役員」とは取締役、会計参与、監査役のことをいいます(会社法329条1項)。これらの役員は株主総会を経て選任され(会社法329条)、取締役には業務執行の権限があります(会社法348条349条など)。
 執行役員も会社の業務執行を行いますが、会社法には登場しません。「役員」とはついていても、株主総会で選出されず、取締役との名称もついていないため、法律上はあくまで従業員となります。

 なお、委員会設置会社で設置される「執行役」(会社法402条)とも異なるので注意が必要です。

元記事

執行役員は法律上も役員?

関連情報

決議事項 ~取締役の報酬の決定~(議事録から見る会社法)
決議事項 ~代表取締役の選定~(議事録から見る会社法)
議事の経過の要領およびその結果(議事録から見る会社法)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP