ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ジャンプ」最新号で遂にナルト完結!! その後の物語も明らかに!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画『NARUTO -ナルト-』が、本日発売の2014年50号でついに完結した。
 
 この号の『NARUTO -ナルト-』はなんと二本立て。巻頭カラーとセンターカラーを独占して、15年間、700話におよぶ壮大なストーリーのクライマックスが描かれている。

 今、読者がもっとも気になっているのは、まちがいなく現在進行中のナルトとサスケの闘いの決着だろう。親友でありライバルである両者の長い確執が、「終末の谷」でどんな結末を見るのかは、もちろん巻頭カラーの第699話で明らかになる。そして、さらに興味深いのは、最終回となる第700話だ。

 この回ではナルトやサスケ、カカシらの未来が描かれ、最後の戦いが終わった後、登場人物たちがどのような道を歩んでいるのかが明かされる。
 注目は「今日はすんげーイタズラ教えてやるってばさ!」と仲間たちに呼びかける一人の少年。父親はもちろん……そして母親は?そしてサスケにも家族が……。

 また、今号の見どころは本編だけではない。同じく「ジャンプ」で連載中の『ONE PIECE』が、今回は『NARUTO -ナルト-』とコラボ!『ONE PIECE』のページを開けば、表紙絵が、普段とはちょっと違い「NARUTO」仕様になっていることに気づくだろう。単行本になるまで待つのではなく、雑誌で読み、そして捨てずに保管しておく。今号の「ジャンプ」はそんな雑誌となっている。

 見どころいっぱいの最終回だが、連載が終わってもまだ『NARUTO -ナルト-』は終わらない!
 12月6日公開の映画『THE LAST NARUTO THE MOVIE』は、ファンならばもちろん楽しみにしているところだが、なんと2015年春から「NARUTO新時代開幕プロジェクト」として短期集中連載が決定。詳細は今後の「ジャンプ」で明かされるとあって、まだまだ目が離せそうにない。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
ブレないジャンプ写真を撮影するためのコツ
物語のきっかけは「そば屋で聞いたサラリーマンの会話」―池井戸潤さんインタビュー(1)
執筆に26年かかった小説

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP