ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内閣府 消費増税効果を芦田愛菜がPRする広告に2.6億円使う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「動き出しています、社会保障!」
「子育て、医療、介護、年金──消費税率の引き上げ分は社会保障に着実に使われています」

 黄色のワンピースを着た人気子役の芦田愛菜が画面の右から左に歩きながら、“消費税増税の効果”をハキハキとアピールするCMが10月25日から31日にかけて全国39のテレビ局で放映された。

 このCM制作費用は政府広報費という税金から捻出された。「安心をずっと! 元気をもっと!」──子役に罪はないが、国民は安心もできないし元気にもならない。

 テレビだけではない。同25日付の全国70紙に掲載された新聞広告では、やはりニッコリ微笑む子役の横に〈消費税率の引き上げ分は、すべて、社会保障(子育て・医療・介護・年金)の充実と安定化のために使われています〉という言葉が躍った。

 テレビも新聞も発注元は内閣府政府広報室だ。政府の広報活動や世論調査などを通じた広聴活動全般を取り仕切る部署である。

 前述のCMで、テレビに計約7000万円(1局あたり平均約180万円)、新聞各紙には計約9000万円(1紙あたり同約130万円)の計1億6000万円が支払われた。

 広告は他にもウェブ・サイト(ヤフー、アマゾンなど4社)やラジオ(ニッポン放送系列のAM全国33局)、雑誌(週刊文春など5誌)にも掲載または掲載予定で、総額は約2億6000万円にのぼった。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新聞一面の政府広報 読売1.65億円、朝日1.37億円の年間出稿
消費増税 安倍・海江田の「談合質疑」は国民をバカにしている
【日韓比較・政治編】ODA実績、国連分担金、腐敗認識指数ほか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP