ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

王理恵さん 両親が胃がんになり胃腸を休める大事さ身に沁みる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美容や健康管理に重きを置く有名人やスポーツ選手など、スペシャリストたちが多く取り入れ、注目を集めるようになったファスティング(断食)。5年前から実践しているというスポーツキャスターでジュニアベジタブル&フルーツマイスターの王理恵さん(44才)にファスティングのコツを聞いた。

 * * *
 5年前、体調が優れず、疲れやすくて眠れない日が続いたため、デトックス目的でファスティングに挑戦しました。最初は3日間の予定だったんですが、いったん始めたら、“あと1日やったら、もっと効果があるかも”と欲が出て(笑い)、酵素ドリンクを摂りながら、結局5日間の断食を行いました。

 1~2日目はデトックスによる頭痛もあってつらかったのですが、徐々にその症状も消えていきました。驚いたのは4日目の朝。フッと体が軽くなり、頭がやけに冴えている。五感が研ぎ澄まされた感覚がありましたね。5日目を終えて体重は4kg減。でも、いちばん印象的だったのは味覚の変化。舌が敏感になり、塩分を強く感じるように。以来、外食では特にセーブしていませんが、家で食べる時はなるべく薄味を心がけるようになりました。

 現在は半年ごと、年に2回のペースで実践しています。最初は“また3日間、予定を入れられない”という面倒な気持ちもありましたが、今は“またスッキリできるぞ”と、むしろ楽しみに。

 ファスティングはまず1回やってほしいですね。最初はつらいけど、体の変化に衝撃を受け、“こんなに清々しいんだ”という気持ちになり、2回目からはかなりハードルが下がりますから。

 うちは両親が胃がんになり、母は57才で亡くなって、父も8年前に大手術を経験。胃腸を酷使することの怖さは痛感しています。胃腸や内臓を休めることがいかに大事か、身に染みているんです。

 友人とおいしいものを食べたり、いい時間を過ごすためにも、体のリセットは必須だと感じています。

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小倉優子 5~6年前から断食を5回経験、1週間で1kg痩せる
スーパーの服だからとバカにするな! トレンドもバッチリ
フライドポテト風「暴君ハバネロ・うまいドポテト」新発売

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP