ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

看板女優・苫田亜沙子 劇団四季の厳しい教えと公平さを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 創立61周年を迎えた今も日本の演劇界を牽引し続ける『劇団四季』。人気演目は数知れず、なかでもブロードウェイで人気を博し2007年に日本初上陸、2013年8月から2度目の東京公演を続けている電通四季劇場[海]にて上演中の『ウィキッド』がついに11月16日で千秋楽を迎える。長きにわたりその主役を務めるのが苫田亜沙子。

 彼女は入団4か月で『オペラ座の怪人』クリスティーヌ・ダーエに選ばれるなど、劇団四季を支える看板女優のひとり。1日密着すると彼女の明るくキュートな"素の魅力"が、役柄に結びついていることがわかった――。

 劇団四季ミュージカル『ウィキッド』の原作は不朽の名作『オズの魔法使い』。その知られざるプロローグを描いた作品で、2人の少女が『西の悪い魔女』と『南の善い魔女』になるまでの数奇な運命をドラマティックかつ華やかに描いたもの。その「南の善い魔女=グリンダ」が苫田亜沙子の役どころだ。

「グリンダは、全ての感情が素直で嘘がなくて純真。好きか嫌いしかない、真っ直ぐでとてもかわいらしい性格ですね」

 京都市立芸術大学音楽学部音楽学科声楽専攻に進学。大学卒業前に見事、入団を決めた。子供の頃、少しはバレエを嗜んでいたが本格的に始めたのは入団してから。

 劇団四季では基本三法と呼ばれる「母音法・呼吸法・フレージング法」を徹底的に叩き込まれる。また「慣れ・だれ・崩れ=去れ」「一音落とす者は、去れ!」という俳優の心得をベテランから新人までが墨守する。主役をやっているからと妥協は許されない。

「これが守れなければ劇団四季の俳優ではないと言われるくらい、厳しい教訓。公演当日でも、ベストコンディションでないと、キャストは変更されます。1つの役に対して5~6人がキャスティングされているからできることなんです。それもこれも、お客様に完成された舞台を楽しんでいただくため。個人プレーに走らず、みんなで作品をもっともっとよくしようと努力を惜しまない。厳しい教えがあるからこそ、劇団として本来あるべき良い姿が劇団四季にはあるんです」

 そんな『ウィキッド』も16日に千秋楽を迎える。と同時に新しい役のオーディションも始まっている。

「ベテラン、若手関係なく、ひとつの役に対してオーディションが行われるのが劇団四季。みんなにチャンスがあるんです。信じて努力すれば夢は本当に叶うし、実現するんです!」

 12月20日から『劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ』が開幕される。

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
劇団四季 被災地でミュージカル公演して子供たちとの交流会も
30周年の劇団四季キャッツ 猫以上に猫らしい表現求められる
劇団四季60周年舞台構成・振付の加藤敬二は「修行」が特別

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP