ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北九州市のコスプレイベントが問合せ先を無断使用?関係ない企業に問合せやクレーム届き担当者困惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北九州市とあるあるCityとがタイアップしたポップカルチャーの一大イベント『北九州ポップカルチャーフェスティバル2014+あるあるフェスタ2014』(以下、同イベント)が12月6日・7日に開催される。
イベントでは、声優のミニライブや、ゲームの体験会、カード大会にアニソン大会、そしてコスプレ祭りなどが予定されている訳だが、その公式サイトの記載内容をめぐり騒動が起きている。

【関連:千葉県船橋市に大規模コスプレアミューズメントスペース『ハコスタジアム東京』オープン】

 ことの発端は、福岡市でコスプレイヤー向けのマンションスタジオを運営する『スタジオライラック』(以下:ライラック)の公式Twitter(@studiolilac)の11月9日1時の投稿。投稿によると、ライラックのアドレスが同イベントの問合せ先に無断で使用されているという。

 調べてみたところ確かにライラックの表記が含まれるアドレスが、西日本総合展示場で開催される『コスプレ祭り』の問合せ先に指定されている。さらに「お問合せ ライラック」とアドレスとともにスタジオ名もはっきりと明記されている。


 なお、『コスプレ祭り』の関連サイトについては『楽装』というコスプレ団体のものが案内されており、コスプレイベントに関してはこの団体が運営するものと思われる。

 今回なぜこうした事になったかは分からないが、記事執筆時点(11月9日12時)において、サイト上の問合せ先はライラックのまま。
まずライラックに電話取材で話を聞いたところ「本当に全く無関係であり、念のため先方公式サイトに掲載されているアドレス宛てにメールを送ってみたところ、自分のところにやはり届く」とかなり困惑していた。また、担当者が知らないだけで他スタッフが実は承諾していることはないかと質問してみたところ「それも絶対ない ごく少数でやっているので把握できている」という回答。とにかく今回の事態にかなり困り果てているようだった。

 そして同イベントの広報窓口に電話取材で問合せてみたところ、広報やウェブ担当は不在ということなので、電話に出た人物に事情を説明してみた。すると記者からの連絡で事態を初めて把握したという。これから状況の確認を行い対応するそうだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP