ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性36%!「座って小用派」増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「男性の小用は立って行う」─。それが一般的な見解だろう。だが最近、小用でも便座に座る男性が増えているという。TOTOの調査によると、自宅で「洋式便器に座って」小用する男性は、2009年は33.4%と04年より約10ポイントも増加。また、調査方法は異なるが、同社の調べでは12年は座る派が36.1%、「立つ時と座る時がある」人も15.7%いたという。

【大きな図表や画像をもっと見る】

●自宅のトイレで小用をするときの姿勢
(TOTO調べ、対象:20~60代の男性500人)

<2004年>
65.4%洋式便器に向かって立って
23.7%洋式便器に座って
4.3% 和式便器に向かって、立って
0.4% 和式便器で、しゃがんで
0.1% 和式便器に取り付けた便座に、座って
5.4% 小便器で
0.6% その他

<2009年>
57.2%洋式便器に向かって立って
33.4%洋式便器に座って
1.8% 和式便器に向かって、立って
0.6% 和式便器で、しゃがんで
0.2% 和式便器に取り付けた便座に、座って
5.8% 小便器で
1.0% その他

その理由を聞いてみると、“立つ派”の大多数が「そういうもの」と固定観念を挙げたのに比べ、“座る派”は「尿が飛び散らない」「掃除が楽」と現実的な意見が多かった。

トイレ空間へのこだわりは女性のほうが強い傾向にある。だが今後“座る派”の男性がさらに増えれば、男性の“トイレ=リラックススペース”という意識も高まるだろう。
(松原麻依/清談社)
(R25編集部)

男性36%!「座って小用派」増加はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

立ちション派?座りション派?
おしっこの色で健康状態がわかる?
トイレにおける“お昼寝”の作法
日本のハイテクトイレ最新事情
叫ぶ、逆立ち…珍ストレス解消法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP