ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「トイペ折り紙アート」の奥深き世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トイレットペーパーの三角折り。これを写真のようなアートにまで発展させたのが、「折紙創作集団スクエア」のメンバー・西村光平さんだ。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「ペーパーの三角折りには『掃除しました』というメッセージが込められていますが、他にもトイレでメッセージを伝えられないかと思い、この折り紙を考案しました」

西村さんが作る富士山やハートなどの作品には「日本一」「LOVE」といった「紙言葉」が付けられているそう。

「折り紙はもちろん、トイレ環境も今や世界に誇る日本の文化。トイレットペーパー折り紙は、日本だからこそ生まれたアートなんですよ」

さて、ここでひとつビギナーでもカンタンに折れる「富士山」の作例を教わったのでご紹介しよう。

1)15cmほどペーパーを引き出す
2)先端2cmほどを奥に谷折り
3)両端の角をそれぞれ中心まで折り、先端をとがらせた逆三角形を作る
4)逆三角形を手前側に山折りに
5)三角の頂点をペーパーホルダーに挟めば、完成!

ちなみに折る時のポイントは、長めにペーパーを出して、膝の上で折ることだそう。これを身につければ、トイレ時間がより有意義になるかも?
(オカモト犬助)
(R25編集部)

「トイペ折り紙アート」の奥深き世界はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

トイレ紙を和紙に変える裏技
日本は「ペーパークラフト先進国」
割り箸袋1枚で 宴会を盛り上げろ
日用品を本気で使ったアートが凄い
“みかんこたつ”で2.5万件RT

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP