ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早慶現役学生のお小遣い平均額 早稲田は慶応の3分の1以下

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私学の双璧」として130年以上張り合ってきた早稲田大学と慶應大学だが、受験偏差値の低下や「小保方博士号問題」など、各方面で早稲田が凋落を見せ、かつての拮抗したライバル関係が崩れてきている。何かと比較されがちな両校だが、現役学生のお金の面で両校を比べたらどうなるのか──。

「慶応ボーイ」はスマートで裕福な印象がある。これを裏付けるかのように、実家から通う学生(実家生)の小遣い額は早稲田の7548円に対し、慶応は男性が2万4990円、女性が2万3607円で、実に3倍の開きがある。

 また、ひとり暮らしの学生(自宅外生)の実家からの仕送りは、早稲田の6万1990円に対し、慶応は男性が9万1978円、女性は10万1437円。月額3万円以上の大差となった。

※数字は「2012年度 早大生の生活実態調査報告書」と「慶応義塾大学学生生活実態調査報告(2012年度)」より。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早慶W合格者の8割が慶応へ 「早稲田は滑り止め」と高3男子
早慶OB結婚相手 慶応は家柄重視で早稲田はモデルやCAが多い
早慶OB年収対決 OB平均年収は早稲田572万円で慶応632万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP