ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『松下幸之助の憂鬱』立石泰則/文春新書/780円+税

 松下電器(現・パナソニック)の創業者・松下幸之助がこの世を去り25年。和歌山に生まれ大阪へ丁稚奉公に。その後起業し、独自の経営理念と創業者精神をもって経営者であり続けたその軌跡を辿りながら、現在の企業が忘れてしまったことを想起させる。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パナソニック創業理念 松下幸之助が語った「水道哲学」とは
ユニクロ柳井氏 「全員経営」の松下幸之助氏を敬愛してやまぬ
世界的大企業を翻弄 経営の神様は交渉術も一流だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP