ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹野内豊 倉科カナと薬膳鍋店でキノコをツンツンする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もしあのとき、別の道を選んでいたら…」

『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)で、人生の転機に戻ってやり直させるタクシーの運転手を好演中の竹野内豊(43才)。倉科カナ(26才)との熱愛宣言から2週間。本誌は、ふたりのデート現場に遭遇した。

 場所は都内にある薬膳鍋店。

「その店は倉科さんが女友達と行く店。竹野内さんと訪れたのは初めてだったそうです」(常連客)

 友人もいたが、デートはデート。そこで竹野内は、ドラマさながらの“選択シーン”を繰り広げた。

「竹野内さんは席に着くとすぐにドリンクメニューとにらめっこして“う~ん、どれにしよう”ってずっと悩んでたんです。でも結局は、倉科さんと同じビールを注文してました」(居合わせた客)

 フカヒレ鍋や、すっぽん鍋、火鍋など美肌に効く鍋料理がズラリと並ぶなか、ふたりが選んだのはアガリクスやタモギタケなど7種類のきのこが入った『きのこ鍋』だった。

「“寒くなってきたから、おいしいよね”って話しながら、仲よさそうにきのこをツンツンしてましたよ。ただ、周りに聞かれないようにしているのか声のボリュームは低めで、トイレに行くときもマスクをするほどでした」(前出・居合わせた客)

 2時間ほどで食事を終え、帰り支度を始めたふたり。ところが、倉科が先に席を立ってしまった。

「熱愛宣言したんだから堂々とすればいいのに、別々に店を出ることにしたようでした。ただ倉科さんは一度エレベーターホールに向かったんですが、すぐに席に戻ってきて“気をつけて帰ってね”と竹野内さんの耳元でささやいたんです。ちょっとHで、すっごいイイ雰囲気でしたよ」(前出・居合わせた客)

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹野内豊 倉科カナと熱愛宣言に「あれ?相手が違う」の声も
竹野内豊の父が肺がんで死去 最後の親孝行は豪邸での4か月
倉科カナ 大阪からそのままよゐこ濱口宅へ直行しお泊まり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP