ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 APEC開催に合わせ北京五輪以来の強制的大気改善策実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国政府は今年11月に北京郊外で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の一連の会議に合わせて、微少粒子状物質(PM2.5)などの大気汚染を防ぐため、河北省内の2386企業の生産をストップさせるとともに、2445件の工場の建設工事も中断させた。また、北京市政府は11月7日から12日までを休日にしており、市民らにこの期間中は北京を離れるように勧めている。

 これだけ大規模な企業の操業停止や大型連休は極めて異例で、市民の間では「まるで体の良い所払いのようで、庶民をバカにしている」との声も出ている。

 河北省は中国のなかでも鉄鋼の一大生産地で、その煤煙がPM2.5の大きな原因となっている。このため、北京市中心部から100キロ圏内にある河北省の工場などが操業停止となった。

 このほか、工業生産が盛んな天津市や、石炭が主力産業である山西省、内モンゴル自治区、山東省でも工場に空気清浄機を設置する措置を通達したほか、APEC開催中は生産量を減らすよう指導している。

 北京市では10月19日に北京マラソンが開催されたものの、この日の大気汚染は世界保健機関(WHO)が定める汚染の許容量の16倍に達し、多くのランナーが参加を取りやめたほか、マスクや防毒マスクをかけて参加したランナーも多数みられ、北京のPM2.5の深刻さにあらためて関心が集まった。
 
 このため、北京市でも11月3日から12日まで、市内に進入できる自動車のナンバーの末尾の数字を決め、他の車輌を入らせないようにする排気ガス対策を実施している。また、市内245カ所の主要道路、約3000件の建築物の清掃などのクリーン大作戦を近く展開する。北京紙「新京報」が報じた。これだけ大きな美化キャンペーンは2008年8月の北京五輪以来6年ぶり。

 さらに、11月7~12日の休日は、10月初めの国慶節(建国記念日)に続く大型連休となった。学校や企業などは休みとして、市内の旅行代理店に対しこの期間のパッケージ旅行の割引を働き掛けている。
 
 とはいえ、「環境対策のため、市民を追い出すのは本末転倒だ。いつも、APEC期間中のように、市民のために、環境対策を講じるべきだ。その場しのぎで、根本的な解決になっていない」との書き込みがインターネット上でみられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国の豚骨スープと喫煙に関するあまりにもひどいジョーク
中国 APEC開催で大気汚染改善に躍起も北京五輪の二の舞の声
中国政府 抗議デモの激化恐れ大気汚染対策費3倍増の27兆円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP