ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中日・山本昌、50歳で来季の現役続行!「投げる伝説」32年間の足跡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロ野球の最年長プレイヤー・中日ドラゴンズの山本昌投手が11月5日、名古屋市内にて会見を行い、推定年俸4000万円の現状維持で、来季の契約を更改したことを明らかにした。

昨年の更改時に落合GMから「50歳までがんばれ。給料は変えない」と言われていた山本は、来季について引退を覚悟している旨のコメントも行ったが、このまま順調に来季を迎えれば、ついに50歳での登板が実現する見通しだ。

そんな山本投手は、入団以来、中日一筋で来季が32年目のシーズン。そこで今回は、この32年間を振り返り、その道のりがいかに長いものであっ たかを改めて確認してみたい。

<1983~2014年>
山本昌の歴史と世の中の変遷

■入団~1990年
・1983年(18歳):
【山本】ドラフト5位で中日に入団。この年、中日が1位指名したのは藤王康晴。
【世間】東京ディズニーランド開業、ファミコン発売、漫画『美味しんぼ』連載開始。戸塚ヨットスクール事件発生。寺原隼人(ソ)ら生まれる。

・1984年(19歳):
【山本】一軍登板なし。
【世間】グリコ森永事件発生。エリマキトカゲやコアラがブーム。「チケットぴあ」サービス開始。西岡剛(神)・長野久義(巨)生まれる。

・1985年(20歳):
【山本】一軍登板なし。
【世間】阪神タイガースが初の日本一。日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故。ビックリマンチョコ発売 。関越自動車道全線開通。『さんまのまんま』『アッコにおまかせ!』『ニュースステーション』が放送開始。坂克彦(神)ら生まれる。

・1986年(21歳):
【山本】初出場。
【世間】阪神・バースとロッテ・落合がW三冠王に。新人王は西武の清原。ドラゴンクエスト発売。ボディコンやハイレグ水着が話題に。涌井秀章(ロ)・福井優也(広)ら生まれる。

・1987年(22歳):
【山本】開幕一軍入りを果たすも骨折。
【世間】国鉄民営化、JR発足。石原裕次郎死去。テレビ番組の24時間放送やパソコン通信・ニフティサーブがスタート。平田良介(中)ら生まれる。鉄人・衣笠祥雄(広)、江川卓(巨)ら有名選手が多数引退。

・1988年(23歳):
【山本】野球交換留学でアメリカへ。
【世間】瀬戸大橋開通。村 上春樹『ノルウェイの森』がヒット。ソウル五輪開催。ゲームボーイ発売。斎藤佑樹(日)・田中将大(ヤ軍)ら生まれる。南海ホークスが買収によりダイエーホークスに。同じく、買収により阪急ブレーブスがオリックス・ブレーブスに。

・1989年(24歳):
【山本】初勝利。
【世間】昭和天皇崩御、平成に。鉄骨飲料やクリスマスエクスプレスが話題に。中田翔(日)ら生まれる。

・1990年(25歳):
【山本】初の二桁勝利。
【世間】礼宮・紀子様ご成婚。『ちびまる子ちゃん』が視聴率39.9%を記録、空前のブームに。『渡る世間は鬼ばかり』放送開始。東浜巨(ソ)ら生まれる。

■1991~2000年
・1991年(26歳):
【山本】リリーフでも登板し、1Sを記録。
【世間】ソ連邦解体。OWOWが有料放送開始。 堂林翔太(広)、菊池雄星(西)、筒香嘉智(横)ら生まれる。鈴木一朗(後のイチロー)がドラフト4位でオリックスに入団。

・1992年(27歳):
【山本】再下位になるも孤軍奮闘で13勝。
【世間】バルセロナ五輪。風船おじさん騒動。タピオカ・もつ鍋などがブームに。山田哲人(ヤ)ら生まれる。

・1993年(28歳):
【山本】防御率2.05で最優秀防御率
【世間】レインボーブリッジ開通。プロ野球FA制導入。サッカーJリーグ開幕。釜田佳直(楽)ら生まれる。

・1994年(29歳):
【山本】19勝8敗で沢村賞。
【世間】リレハンメル冬季五輪。プレイステーション発売。『進め!電波少年』放送開始。大谷翔平(日)ら生まれる。

・1995年(30歳):
【山本】負傷などの影響から2勝に終わる。リハビリをキッカケに ラジコンに興味を持つ。
【世間】阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が発生。『新世紀エヴァンゲリオン』放映開始。森友哉(西)ら生まれる。野茂英雄、米・ドジャースに入団。

・1996年(31歳):
【山本】2年ぶりに規定投球回をクリア。登録名を山本昌に。
【世間】アトランタ五輪開催。国内ではO-157騒動が発生。スターバックス銀座1号店開店。

・1997年(32歳):
【山本】最多勝(18勝)と最多奪三振。
【世間】消費税5%に。拓銀・山一などの大型倒産が目立つ。失楽園、たまごっち、ポケモンなどがブームに。

・1998年(33歳):
【山本】2年連続開幕投手になるも大野豊との投げあいで敗北。
【世間】長野オリンピック。和歌山毒入りカレー事件。鈴木その子ブーム。ナンバーズ発売開始。 落合博満が引退。川上憲伸(中)が最優秀新人に。

・1999年(34歳):
【山本】防御率2.96でリーグ3位。
【世間】欧州で「ユーロ」が誕生。カリスマ美容師ブーム。松坂大輔が最優秀新人に。

・2000年(35歳):
【山本】3年ぶりの二桁となる11勝をマーク。
【世間】プレイステーション2発売。都営大江戸線全線開通。イチロー、野手としては日本人初のメジャーリーガーに。

■2001~現在
・2001年(36歳):
【山本】10勝13敗。
【世間】米国同時多発テロ事件。サッカーくじ「toto」発売。赤星憲広(神)が最優秀新人。

・2002年(37歳):
【山本】7勝6敗。ラジコンの全日本選手権のEPツーリングカースポーツクラスで4位に入賞。
【世間】ふたご座流星群観測。「ムネオハウス」「疑惑の総合商社 」など政治関連の流行語が続出。伊良部秀輝が日本球界復帰。

・2003年(38歳):
【山本】チームトップタイの9勝。
【世間】阪神18年ぶりセリーグ優勝。東海道新幹線品川駅開業。落合博満、中日の監督就任。

・2004年(39歳):
【山本】13勝を挙げリーグ制覇に貢献。
【世間】アテネ五輪。『ニュースステーション』終了。マツケンサンバがブームに。日本プロ野球史上初のスト。イチロー最多安打262。大阪近鉄がオリックスに吸収合併、東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生。

・2005年(40歳):
【山本】7勝8敗。
【世間】平成の大合併。つくばエクスプレス開業。ダイエーホークスが買収によりソフトバンクホークスに。

・2006年(41歳):
【山本】ノーヒットノーランを達成。
【世間 】トリノ冬季五輪。ナンバーポータビリティ、ワンセグ放送開始。ライブドア事件。

・2007年(42歳):
【山本】41歳8か月でセ・リーグ最年長完封勝利を記録。
【世間】郵政民営化。『おしりかじり虫』がブームに。

・2008年(43歳):
【山本】通算3000投球回、200勝を達成。
【世間】北京五輪。野茂英雄現役引退。「年越し派遣村」が話題に。

・2009年(44歳):
【山本】22年連続勝利を記録。
【世間】裁判員制度スタート。酒井法子、覚せい剤取締法違反で逮捕。

・2010年(45歳):
【山本】セ・リーグ23年連続勝利を達成。
【世間】横綱・朝青龍引退。バンクーバー冬季五輪。たばこ大幅値上げ。

・2011年(46歳):
【山本】故障から実戦登板なし。NPB現役最年長選手に。前夫人と離 婚。
【世間】東日本大震災。『水戸黄門』放送終了。

・2012年(47歳):
【山本】球団最多勝となる通算212勝目を記録。
【世間】東京スカイツリー開業。松井秀喜が現役引退。

・2013年(48歳):
【山本】打者としてもセ・リーグ最年長安打・打点記録。新妻と披露宴を開催(再婚)
【世間】ヤクルトのバレンティンがプロ野球新記録の60号本塁打。半沢直樹ブーム。

・2014年(49歳):
【山本】NPB史上最年長勝利投手の記録を更新。
【世間】消費税8%に。エボラ出血熱の感染拡大。

…と、このようにザックリと眺めるだけでも、この32年の間に、世の中が大きく様変わりしているかがよくわかる。そうした歳月を経ても変わることなく、マウンドに立ち続ける山本昌の活躍に、野球ファンな らずとも末永く期待したいところだ。

【動画】http://youtu.be/Mkyrgs-TA4M

文・藤本秀太Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP