ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京マラソン2015 チャリティ“つなぐ”寄付金およびチャリティランナーを11月14日(金)まで募集中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般財団法人東京マラソン財団は、「東京マラソン2015チャリティ“つなぐ”」について、寄付金およびチャリティランナーを11月14日(金)まで募集しています(※寄付金につきましては、2015年3月31日(火)午後5時まで受付)。今年は、1964年の東京オリンピック(第18回オリンピック競技大会)から50周年という節目の年。東京をはじめ全国各地で、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、関連する組織・団体が盛り上げを見せております。
ⒸTOKYO MARATHON FOUNDATION
この度、東京マラソン財団が新たに取り組む「スポーツ・レガシー事業」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催都市が東京に決定したことを契機に4つのテーマ、①スポーツの夢(強化育成)・②スポーツの礎(環境整備)・③スポーツの広がり(普及啓発)・④スポーツの力(社会貢献)を設け、スポーツを応援していく取り組みです。
新たに加わった「スポーツ・レガシー事業」には、東京マラソン2015チャリティ“つなぐ”チーフ・ファンドレイザーを務める朝日健太郎のほか、トライアスリートの白戸太朗、北京オリンピック・シンクロナイズドスイミング日本代表の松村亜矢子、ライフセーバーの和田賢一、元アメリカンフットボーラーの井上友綱が寄付先として選択し、チャリティランナーとして挑戦する予定だ。
チーフ・ファンドレイザーを務める朝日は、「元アスリートとしてスポーツ界に恩返しをしたいという気持ちが非常に強くあり、継続的にスポーツを楽しむ環境が発展していくよう、この事業を選びました。」とスポーツ・レガシー事業を選択した理由を語っている。
朝日らが挑戦する東京マラソン2015は、2015年2月22日(日)に開催される。
■東京マラソン2015チャリティ“つなぐ”募集要項◇名称:東京マラソン2015チャリティ“つなぐ”◇募集期間・申込方法:大会公式ウェブサイトより申込み・大会公式ウェブサイト:http://www.tokyo42195.org/2015/charity/・Run with Heartウェブサイト:http//www.runwithheart.jp/
・寄付金のみ:募集中~平成27年3月31日(火)午後5時まで・チャリティランナー:募集中~平成26年11月14日(金)午後5時まで(先着3,000人)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
ダイエッターが油断しがちなのは秋冬? 寒い季節にあった「ホットシェイク」はいかが?
急激に老化がはじまる! 「健康的で美しい」40代になるために必要なことは・・・?
女性がダイエットに必死なのは男性の価値観のせいかもしれない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP