ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子育て 日本は「絆の深さ重視型」で仏は「絆の数重視型」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚生労働省は2013年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むとされる子どもの人数)は1.43と発表した。前年度に比較して微増したものの、いまだ低迷は続いている。

 少子化対策を成功させ、出生率が2.0となったフランスの子育て観とは? フランス、オランダに計14年住み、現地で育児コンサルタントとして活躍する佐藤めぐみさん(オールアバウト子育てガイド)に話を伺った。

「日本の場合、子供と母親との絆を重んじる“絆の太さ重視型”育児なのに対し、フランスの場合、子供は社会で育てる“絆の数重視型”育児だと思います。子育ての責任は母親だけが負うものではないと考えているので、働く母親率も日本よりはるかに高い。それにもちろん、社会の受け入れ態勢がしっかりしているので、電車でバギーを見れば、当然のようにみんなが場所を空けますよ」

 日本では保育園に入れない待機児童が社会問題化しているが、フランスの受け入れ態勢は実に整っている。

「フランスには、母親が働いている、いないにかかわらず、子供を受け入れる機関(通称ギャルドリー)があります。1才を過ぎると、そこに子供を預けるのが一般的。3才までは母親と一緒にという風潮が今も残る日本人からすると、酷のようにも映りますが、フランス人は母親とばかりではなく、広い世界を見せたいという意識が強い。

 つまり、日本人は母親と一緒じゃないとかわいそう、と思うのに対し、フランス人は母親とばかり一緒ではかわいそう、と思うようです。それに、フランスでは、母親の育児稼働時間にオン、オフがあるようにも思いますね。夫婦の時間も大切にしていますし、その辺りが驚くほどさばけています」(佐藤さん)

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球主力6選手の母がプロ入りまでの子育て秘話語った本
新米病児保育士描く漫画『37.5℃の涙』著者 子育ての苦労語る
共働きママ 「0才から保育園は可哀想」と実母に言われ悩む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP