ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川畑 要、初のカバーアルバム「ON THE WAY HOME」ヴィジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自身のキャリア初となるカバーアルバムを発売することを先日発表した川畑 要(CHEMISTRY)。本日、そのカバーアルバムのヴィジュアルが解禁された。

「ON THE WAY HOME」というアルバムタイトルになぞらえて「冬の帰り道」をイメージした今回のアートワーク。雪景色や枯れ葉散る風景の中での家路が描かれた、情緒あふれる内容に仕上がっている。

作品、ライブ、そしてメディアを通してカバーパフォーマンスに定評を得た川畑要が、次世代に歌い継ぎたい楽曲群を選曲した今作。いずれも時代を彩る色あせない名曲10曲に加え、3形態で発売されるアルバムの形態ごとに異なる楽曲が1曲ずつ収録される。

『初回盤A』には、クリスマスムードを盛り上げるスタンダード・ナンバー「きよしこのよる」を収録。実力派ボーカリストならではの歌唱力が試されるアカペラの多重録音に、川畑が初挑戦した意欲作だ。『初回盤B』には、1992年にアルバム収録曲として発表され今なお歌い継がれる中島みゆきの名曲「糸」のカバーを収録。川畑自身が今年4月から行なっているアコースティックライブ・シリーズ『歌心』で披露したライブ音源である。

同曲は、自身が出演し今年9月に全国放送されたTBSのカラオケランキング番組「UTAGE!」で、NMB48山本彩のアコースティックギターをバックにパフォーマンスし、Twitterのトレンドに川畑の名が挙がるなど、SNSを中心に大きな反響のあった楽曲だ。

『通常盤』には、五輪真弓のカバー曲「心の友」を収録。川畑が歌ったカバーバージョンが、今春にインドネシアで放送されたテレビ番組「Kokoro No Tomo」の主題歌として起用された、アジア全域での認知度を誇る日本を代表する名曲である。

そして今回、カバーアルバムを携えたリリース記念イベントの開催も発表された。首都圏と愛知、大阪で8公演を予定しているフリーライブイベント。迫力と繊細さ、相反する要素を内包する圧倒的な歌唱力で歌われる名曲の数々を目の前で体感できる機会となる。

「やさしさで溢れるように」with Little Glee Monster Recムービー

リリース情報
カバーアルバム「ON THE WAY HOME」
2014年12月10日発売

【初回盤A】[CD+DVD]AICL2789〜91 7,020円

【初回盤B】[CD+DVD]AICL2792〜3 3,780円

【通常盤】[CD]AICL2794 3,240円
※各形態それぞれ別の曲を1曲ずつ収録

<収録曲(※曲順未定)>
1.「やさしさで溢れるように」with Little Glee Monster(JUJU)
2.「ORION」(中島美嘉)
3.「Flavor Of Life」(宇多田ヒカル)
4.「三日月」(絢香)
5.「やさしいキスをして」(DREAMS COME TRUE)
6.「DEAR…again」(広瀬香美)
7.「リフレインが叫んでる」(松任谷由実)
8.「かたち あるもの」(柴咲コウ)
9.「I’m proud」(華原朋美)
10.「HOME」(アンジェラ・アキ)
初回盤A:11.「きよしこのよる」
初回盤B:11.「糸 ― Live”歌心” Vol .4 Ver―」(中島みゆき)
通常盤:11.「心の友― Live”歌心” Vol .4 Ver―」(五輪真弓)

イベント情報
『ON THE WAY HOME』 発売決定記念LIVE&握手会
2014年11月22日(土)イオンモール木更津 (1)13:00 START (2)17:00 START
2014年11月23日(日)タワーレコード 梅田NU茶屋町店 14:00 START 
2014年11月30日(日)アスナル金山 13:00 START

『ON THE WAY HOME』 発売決定記念LIVE&サイン会
2014年12月13日(土)アリオ亀有 イベント広場(1F 屋外)13:00 START
2014年12月13日(土)イオンレイクタウン mori 木の広場 17:30 START
2014年12月14日(日)あべのキューズモール (1)13:00 START (2)15:30 START

※参加方法など詳細は川畑 要オフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

川畑 要 オフィシャルサイト:http://kanamekawabata.net
川畑 要 オフィシャルTwitter:http://twitter.com/KanameKawabata

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。