ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪茨城コンビニ恐喝事件の求刑内容に「厳罰を下すべき」と怒りの声多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年9月、大阪府茨木市のコンビニで、店長や店員らに因縁をつけて土下座させ、挙げ句、「店に車突っ込む言うてるで」などと脅し、商品であるたばこ約2万6000円相当を奪った事件で、その後、恐喝罪の容疑で逮捕された無職・中村剛(39)について、検察側は懲役2年を求刑した。

この事件については、発生直後からその 際に撮影された携帯動画などがネット上で話題となり、同被告らについて迅速な逮捕と厳罰を求める声が相次いでいたが、今回、検察側からの求刑が「懲役2年」であったことから、すぐさまネット上では同被告らに対し、「ある意味、不当」「厳罰を下すべき」「たった2年で更正するわけがない」「模倣犯を撲滅するためにも厳しいものに」と、さらなる厳罰が下されることを望む声が巻き起こっている。

【動画】http://youtu.be/XrHmYeOj6vo

【動画】http://youtu.be/k8zzrQZ9bpM

また、捜査の段階で同被告が「恐喝するつもりでコンビニに行った」としていながらも、その後の初公判で「野仲被告(同罪で公判中)が金品を要求し始めた際に止められなかっただけで、当初から恐喝目的で来店したわけではない」と主張を変更したことや、今回、弁護側が執行 猶予を求めたことについて、「図々しいにもほどがある」「どこをどう信じろと?」「こんなやつらを野放しにする気か」と憤る声も多数噴出しているため、11月11日に下されるという判決が、気になるところである。

文・島田克彦Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP