ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミニ四駆のようなデザインの「空飛ぶ車」の滑空映像に世界中が大注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて、昭和の子供たちが夢見た「空飛ぶ車」は、21世紀に入ってからも実用化されず、SF作品によってのみ、その姿を眺めることができるという代物であったが、このほど、オーストリアのウィーンで開催された「Pioneers Festival」で、ついに本物の「空飛ぶ車」が紹介され、世界中から注目を集めている。

これはAeroMobil社が開発した「AeroMobil 3.0」という車で、パッと見は往年の人気玩具「ミニ四駆」のようなデザイン。スポーツカーとしてはまだしも、一見、空を飛べるようには見えないこの車だが、同社によると、約250mほどの草地があれば離陸でき、50mほどの長さの土地があれば、着陸もできるのだという。

【動画】http://youtu.be/kzYb68qXpD0

なお、このチキチキバンバンも顔負けの「空飛ぶ車」、その操縦にあたっては、一般のパイロット免許が必要とのこと。今後、どのような形で実用化され、広まっていくかは今のところ不明だが、実に夢のある話だけに、続報が気になるところだ。

文・藤井一成Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP