ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すでに90歳を超えた瀬戸内寂聴と死が怖い堀江貴文の対談集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論』/瀬戸内寂聴 堀江貴文/角川学芸出版/1300円+税

 すでに90歳を超えた寂聴さんと、死が怖いというホリエモンによる年齢差50歳の対談集。〈長生きするってことは、愛する人に多く死に別れるってことですよ〉(瀬戸内)。〈深いつきあいとかになるときびしいですよね。だから僕はあんまり深くならないようにしているのかも〉(堀江)と、「死」について語り合うほか、少子化問題から戦争、原発までテーマは様々。時に同意、時に反論し合いながらの発言は、世代を超えて訴えるものがある。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地訪問の瀬戸内寂聴氏に小学生「月給はいくら?」と質問
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も
競馬訴訟 ハズレ馬券の費用「必要経費」にならないのが問題

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP