ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャッタースピードやISOを設定できる「ProShot」がついにApp Storeに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows Phoneアプリとして大ヒットしたカメラアプリ「ProShot」のiOS版がとうとうリリースされた。今なら“リリース記念”として無料でダウンロードできるので、iPhoneで撮影する機会が多い人は要チェックだ。

◆一眼レフに早変わり

ProShotの特徴は、端末のカメラを一眼レフに早変わりさせることに尽きる。ISO感度やシャッタースピード、露出、ホワイトバランスなどをマニュアル/オート設定できる。

端末を構え、スクリーンに表示されるモード(オート、マニュアル、プログラム)をまず選び、さらにISO感度やシャッタースピードなどを設定する。

カメラに詳しい人ならご存知だろうが、こうした設定ができることのメリットはシーンや目的に合わせて写真が撮れること。

例えば、夜景を普通に撮ると真っ暗なショットになったり、手ぶれでボケたりする。だが、ISO感度を上げることでシャッタースピードを早くし、結果的に手ぶれが少なくなったりするわけだ。

◆タイマー、タイムラプスも

また、ProShoはタイマー機能やタイムラプス機能も備えているので、写真の幅が広がること間違いなし。最近では端末ネイティブのカメラ機能もかなり良くなってきているが、より撮影をオリジナルに楽しみたいという“玄人”にはうってつけだろう。

このアプリ、いつまで無料で展開されるのか不明なので、興味のある人は早めにダウンロードした方がよさそうだ。iOS 8以降が対象で、iPhoneに最適化している。

ProShot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP