体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2画面分割やUSB接続機能を搭載! レノボ・ジャパンの液晶モニタ新製品2モデル

デジタル・IT
ThinkVision L2321x Wide

レノボ・ジャパンは、液晶モニタの新製品『ThinkVision L2321x Wide』と『Lenovo L2230x Wide』を発売しました。両モデルとも1920×1080ピクセル、1677万色で16:9のTFTワイド液晶を搭載しています。

ThinkVision L2321x Wide

『ThinkVision L2321x Wide』は、23型の液晶モニタ。スクリーンを2画面に分割できる機能『ThinkVision Duo』を搭載し、2画面で別のアプリケーションを表示して操作できます。画面分割は、横方向に1:1(960:960)、1:2(640:1280)、2:1(1280:640)で分割できるほか、画面内に640×480ピクセルの別画面を合成するPIP(Picture In Picture)モードにも対応。メイン画面をフルスクリーンの作業中に、ウェブ会議やビデオチャット、メディアプレーヤーなどにサブ画面を利用できます。VGAとDisplayPortの入力ポートを別々に使用することで、2台のパソコン(PC)で1台のモニタを共有して使うことも可能。価格は5万5650円(税込み)です。

Lenovo L2230x Wide

『Lenovo L2230x Wide』は、USB接続が可能な21.5型の液晶モニタ。USBケーブル1本でPCと接続できるので、デスクトップPCだけでなくノートPCの外部モニタにも適しています。モニタ側のポートにキーボードやマウス、ヘッドホン、LANケーブルを接続して使えるので、ノートPC本体とモニタの間に乱雑なケーブル接続が不要に。ノートPCのVGAポートでほかのモニタに接続すれば、本体のモニタを含め最大3台のモニタで作業することも可能になります。価格は5万2500円(税込み)です。

Lenovo L2230x Wide

『ThinkVision L2321x Wide』主な仕様
液晶:16:9フルHD 23型WXGA TFT液晶モニタ(1920×1080ドット、1677万色)
インタフェース:アナログRGB端子、DisplayPort、USB2.0×3
最大消費電力:28W(通常消費電力24W)
その他:ENERGY STAR適合、EPEAT Gold認定、RoHS指令遵守

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会