ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美、奥田瑛二、与謝野馨氏らに広がる「死後の仲間」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 創建350年を超える東京・麻布十番のある古刹で、最近、川島なお美(53才)の姿がよく見られている。

「こちらに生前墓を購入されるそうなんです。ご主人(鎧塚俊彦氏・49才)と一緒に入るために、今から用意しておくみたいです」(お寺の関係者)

 彼女がこの寺の墓を購入することになった背景には、政界、財界、音楽界、芸能界の名だたる大物による“墓友”リレーがあった。

 もともとこの寺に墓を持っていたのは、元文部大臣で自民党政調会長も務めた与謝野馨氏(76才)だった。彼はその後、友人で経営コンサルタントの堀紘一氏(69才)にこの寺の墓地を紹介、堀氏も気に入り、ここに墓を購入した。

 そこから、年齢も宗派も問わない、“死後の仲間”という輪が広がっていった。

「堀さんが、友人で作曲家の三枝成彰さん(72才)に紹介したら、彼も堀さんの隣に墓を買いましてね。今度は三枝さんが元防衛大臣の森本敏さん(73才)と俳優の奥田瑛二さん(64才)に紹介して、その2人もまた、この寺に墓を買ったんです」(三枝氏の知人)

 こうして仲間内でどんどん広がっていき、いつの間にか墓地の一角に、“お墓の長屋”ができるほどになったのだという。

 そしてこのたび、川島を輪に加えたのが、俳優仲間の奥田だった。

「“地味めの俳優”というイメージのある奥田さんですが(笑い)、芸歴40年、出演映画60本超というキャリアで、とにかく顔が広いんです。川島さんとは、旦那さんも含めて家族ぐるみのつきあいをしていたので、“夫婦一緒に、ぜひこの墓地へ”と声をかけたそうです」(奥田の知人)

 こうして“墓友”となった一同は、10月10日、全員の共著で『私の死生観』(角川書店刊)を出版。各々の死への備え方や、「あの世でも仲よくしよう」という誓いを綴り合うまでの間柄になった。

「今では、皆さん定期的にお寺に集まって、一緒にお墓参りをされています。それぞれ奥さんや旦那さん、お子さんまで連れてきてね。お墓参りの後は、必ず宴会になだれ込んでいます(笑い)」(前出・お寺の関係者)

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
名取裕子 自分が死んだ場合は愛犬2匹と同じ墓に入る予定に
加賀まりこ 9年交際の年下恋人と都立霊園の書類審査に行く
森光子さん 生前に購入した茨城県のお墓が更地になっていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。