ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徒然草で健康法発見した古典大好き妻「まさに吉田兼好法!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは飲料メーカー勤務のご主人(45歳)。奥様(48歳)の健康法は、古典を紐解くことです。

 * * *
「古典は知恵の宝庫。昔ながらの健康法は体にもいいはずよ」という妻が実践する「古典健康法」。まずは江戸時代の儒学者、貝原益軒が書いた『養生訓』です。「長寿を全うする条件として書いてるのは、自分の内にある欲を我慢すること。『食欲』『色欲』『むやみに眠りたがる欲』『いたずらに喋りたがる欲』ね。アナタ、気を付けてね!」。

 う~ん、一緒にレストランに行くと「あれも」「これも」と注文して、喋りながら食べ、夜は「今日は寝かさないわよ」で、終わるとお腹を出して高イビキ。気を付けるのは、オレじゃなくてお前だよ!

 この夏には「『吾妻鏡』がおすすめね。鎌倉時代の僧、栄西がお茶を二日酔いや消化不良に効く薬だといってるの。今日から毎日、お茶を飲みましょう」。「それって、お中元でもらったお茶が沢山あるから消費したいんだろ?」「茶々入れないで!」とお茶を濁す妻。

 極め付けは「『徒然草』に健康法の極意を見付けたわ。まさに『吉田兼好法』!」。その駄ジャレがいいたかっただけだろ? 「違うわよ! 徒然なるまま、家でのんびりして、いいたいことをいう。最高の健康法だわ」。それなら、今さら実践しなくても、結婚以来、ずっとやってるじゃないか!

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須克弥院長 糖質制限ダイエットは「逆に命を縮める」と警鐘
健康雑誌 ヒットの理由は「ぎっしりとつまった体験談」にあり
『もてない男』の著者 今度は1人ぼっちについて真剣に考察

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP