ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Japan、SIMロックフリーの「Ascend G620S」を国内で12月中旬に発売、価格は22,000円前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei Japan は 11 月 7 日、LTE Category 4 に対応した 5 インチのミッドレンジスマートフォン「Ascend G620S」を国内市場で 12 月中旬に発売すると発表しました。価格は 22,000 円前後とリーズナブル。国内では MVNO 各社、家電量販店やネットショップを通じて販売されます。Ascend G620S は同社が今年 9 月の IFA 2014 イベントで発表したグローバルモデルです。日本でも比較的早い時期に投入されることになります。基本スペックは、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、Snapdrasgon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM / 8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ(F2.0レンズ)、前面に 200 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS / A-GPS / GLONASS に対応。対応バンドは GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA 800 / 900 / 2100MHz、LTE 2100(B1)/ 1800(B3)/ 2600(B7)/ 800(B19)。筐体サイズは 142.9 x 72.1 x 8.5mm、質量は 160g。カラバリはブラックとホワイト。日本向けには富士ソフトの文字入力アプリ「FSKAREN」がプリインストールされています。Source : Huawei Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの公式サイトで「Nexus 9」の製品ページが公開。LTEモデルの対応バンドも明記
日本のGoogle PlayストアでNexus 9の販売が再開、「1~2営業日以内に発送」
Sony Mobile、Xperia Z1 / Z1 Compact / Z Ultraの海外モデルに「14.4.A.0.157」へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP