ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳥山明がチャウ・シンチー『西遊記』を大絶賛!孫悟空イラストを描き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年中国映画興行記録1位のメガヒット作となったチャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作『西遊記~はじまりのはじまり~』。いよいよ11月21日から日本でも公開となるが、なんとあの「ドラゴンボール」の原作者・鳥山明が本作に登場する”孫悟空”のイラストを書下ろし!そのビジュアルが到着した。

漫画家としての活動の他に、デザイナーとしてゲーム・キャラクターや車のデザイン、CDジャケットのデザインなど幅広く多数手がけている鳥山氏だが、今回、自分の作品ではない本作のイラストを手掛けることになった背景には、シンチー監督からの熱烈なラブコールがあったそうだ。

今年7月に行われたシンチー監督来日会見で、孫悟空のキャラクターについて「孫悟空が最初は人のような感じで、次に小柄な猿になり、最後に大型のゴリラのように姿を変えていく様子は『ドラゴンボール』の影響が大きい」と監督自らが語っていたが、そこで、今回、鳥山氏に一足早く『西遊記~はじまりのはじまり~』を鑑賞してもらったところ、

「予想と常識の壁をはるかに超えてみせる銀河系最強のおもしろさ!!久々に完璧な娯楽映画を観ました!些細な部分など、どうでもいいと思わせる強烈なエネルギー!マジとギャグの見事な使い分け!堂々とした安っぽさの演出!計算されたストーリー展開!これこそがボクの理想とする娯楽映画の最高峰であります!」

と大絶賛!これを知ったシンチー監督が鳥山氏へ熱烈レターを送り、今回のイラスト実現となったそうだ。

ちなみにシンチー監督が送った手紙は、『先生にあのように評価していただき心より光栄に思っています。ずっと先生の作品を愛読させていただいており、先生の手で本作品「西遊記」のイラストを描いていただければこれ以上の幸せはない!』というような熱いメッセージが込められた内容だったそう。まさに才能あふれる二人のクリエイターのお互いに対する強いリスペクトの思いが、今回の奇跡のコラボを生むかたちとなった。

このイラストビジュアルは、11月10日(月)から交通広告としての使用が決定している。

『西遊記~はじまりのはじまり~』は11月21日(金)、TOHOシネマズ有楽座他、とんでもねーロードショー!

(C)バードスタジオ (C)2013 Bingo Movie Development Limited

■参照リンク
『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト
http://saiyu-movie.com/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP