ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Motorola、「Moto 360」のメタルバンドモデルやスリムバンドモデル、ゴールドモデル、交換用リストバンド、ウォッチフェイスのカスタマイズ機能、新機能「Moto Body」の提供を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米 Motorola は 11 月 6 日(現地時間)、Android Wear スマートウォッチ「Moto 360」のメタルバンドモデルやスリムバンドモデル、ゴールドモデルなどの追加バリエーション、Moto 360 用の交換用リストバンド、新デザインのウォッチフェイス、さらに、新機能「Moto Body」の提供を発表しました。メタルバンドモデル、スリムバンドモデル、ゴールドモデルメタルバンドモデルはステンレススチールのリストバンド(23mm)が付属する Moto 360 の新バリエーション。価格は $299 で、本日より Motorola.com を通じて販売されています。また、他店でも近日中に発売される予定です。スリムバンドモデルは 18mm(通常は 23mm)の細いタイプのメタルバンドが付属する Moto 360 の新バリエーション。スリムバンドモデルには$299のシルバーカラーと$329のゴールドカラーが用意されています。まだ販売されていません。交換用リストバンドストーンやブラック、コニャックといったカラーリングのレザーバンド、シルバーとブラックのメタルバンド、さらに、「DODOcase」からステッチ加工を施したレザーバンドや「TYLT」からカラフルなシリコンバンドが販売されます。新ウォッチフェイスMotorola Connect アプリを通じて背景や時計デザインをカスタマイズできる「My Design」機能が数日中に利用できるようになります。Moto Bodyこの新機能は Moto 360 で記録した歩数や移動距離、消費カロリー、心拍数を閲覧・分析できる Motorola オリジナルの健康管理機能です。こちらも Motorola Connect アプリのアップデートの際に追加される予定です。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z1 / Z1 Compact / Z Ultraの海外モデルに「14.4.A.0.157」へのアップデートを配信開始
HTC、「HTC天気」をGoogle Playストアで公開
HuluのAndroidアプリがアップデート、Chromecastに対応(今は機能せず)、スライドメニューの追加でページ移動が容易に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。