ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

合コン人気は慶応が早稲田を圧倒 早稲田は下ネタが多い説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私学の双璧」として130年以上張り合ってきた名門のパワーバランスに異変が生じている。各方面で早稲田が凋落を見せ、かつての拮抗したライバル関係が崩れてきているというが、本誌は独自の指標で、早慶のOB・学生の“優劣”をあぶり出した。

 男子学生にとって、もしかすると最も気になる指標「モテ度」はどうか。大学生向けの無料コピーサービス「タダコピ」が女子大生542人に調査したところ、残酷な結果が出た。

「合コンするならどちら」の問いに「慶応生がいい」「どちらかというと慶応生がいい」が48%、「早稲田がいい」「どちらかというと早稲田がいい」の24%にダブルスコアをつけたのだ。

「付き合うとしたらどちら」の問いも同様で、慶応の圧勝だった。都内の私立女子大の学生は「当然の結果」とポツリ。

「別に、お金持ちだからとか、ブランド目当てで慶応がいいといってるわけじゃない。早稲田の学生は飲み会でも下ネタが多くて品がないし、こっちに気がないと思うとすぐに知らんぷり。慶応の男の子はもっとスマートで、“この飲み会を盛り上げよう”という人が多いので、また会いたいという気になる」

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早慶OB結婚相手 慶応は家柄重視で早稲田はモデルやCAが多い
早慶OB年収対決 OB平均年収は早稲田572万円で慶応632万円
早慶W合格者の8割が慶応へ 「早稲田は滑り止め」と高3男子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP