ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】元特捜検事にして元受刑者 田中森一『遺言』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】田中森一氏/『遺言』/双葉社 1600円+税

 およそバブルの実相を語るのにこれほど率直な渦中の人物もいまい。大阪及び東京地検特捜部時代は撚糸工連事件や平和相銀事件を手がけ、1988年弁護士に転身。山口組若頭・宅見勝やイトマン元常務・伊藤寿永光ら〈バブルの紳士〉と親交し、〈闇社会の守護神〉と呼ばれた田中森一氏(71)である。

 石橋産業手形詐欺事件で上告中だった2007年のベストセラー『反転』から7年。本書は昨秋刑期を満了した氏が4年8か月に亘る獄中生活や癌との闘病を綴った文字通りの『遺言』だという。が、都内の入院先を訪ねると表情は明るく、まなざしも穏やか。後進育成のための奨学財団の設立やライフワークとする論語の普及、そして同じく石橋産業事件で有罪判決を受けた許永中氏との再会など、〈私にはやり残したことがある〉と病床で力をこめた。

「今日はこんな格好ですみませんね」と田中氏はパジャマ姿を詫びた。服役中に胃癌を告知され、大阪医療刑務所で手術。1年に及ぶ抗癌剤治療にも耐えたが、今年2月胃と腹膜に再発が判明、現在も入院治療中だ。

「ここは天国ですよ。何かあると優しい看護師さんがすぐに来てくれるし手術後も痛み止め一つくれない医療刑務所とは大違い(笑い)。副作用がきつい時も食事は他の受刑者と同じだったから一時は拒食症になりかけた。

 でも僕は極限状況になると俄然負けん気が出る。体重が38kgを切る中、毎日必死で論語を勉強し書きためたノートが22冊。僕は『田中森一もバッジがなければタダの人』と言われるのが癪でね。今後の人生をどう生きるか、そればかり考えて生き延びてきました」

 長崎・平戸の漁師の長男に生まれ、苦学の末に検事となったいきさつや、数々の難事件に挑んだ特捜時代。また後に住専問題で槍玉にあがる末野興産や朝日住建、「コスモポリタン」の池田保次や「イ・アイ・イ」の高橋治則、安倍晋太郎ら清和会関係者の顧問弁護士として立ち会ったバブルの狂騒が、本書にも赤裸々に綴られる。その間、自身は石橋産業事件の共犯として逮捕・収監され、一時は40億に上った財産も弁護士資格も家族も、全てを失った。

「かえって清々しいけどね(笑い)。当時は株価や土地が下がるとは、日銀総裁だって思わなかったんだから。例えば大阪の焼鳥屋から身を興した『五えんや』の中岡信栄なんか、上京するとオークラの最上階を借り切って、僕が行っても代議士が行ってもポンと100万円、くれるわけ。所詮はあぶく銭だから(笑い)」

 だが、氏はあえて書く。〈バブルの紳士たちは半面、精力的に仕事をこなす人間でもあった〉〈残ったのは真面目が背広を着ているような連中ばかりで、バブルの時代に何もできなかったヤツ、何もしなかったヤツだ〉

「もちろん清濁のバランスは大事よ。でも少なくとも末野謙一や高橋には世の中を活性化する力があったし、彼らを単なる悪者だとはワシにはやっぱり思えんのよ。僕が弁護士を開業した時、確かに大企業からも依頼はあった。でも彼らは世間体や体裁ばかりを気にするだけの小役人でつまらない。一方で貧しさや差別から這い上がってきた連中の話は全部に生身の経験から出た魂が宿っていて、どうせ仕事するならそういう連中とする方が男冥利に尽きる」

 中でも一目会いたいのが、イトマン事件と石橋産業事件で実刑を受け、今年9月、韓国で刑期を終えた許永中氏だ。実は許氏が保釈中に失踪した際、田中氏は彼と密会していた事実を本書で初めて明かし、手続的にも不当な検察の捜査の狙いは自分の逮捕にあったという。

「僕は今もあの判決に不服だし、永中を巻き込んだ検察のやり口はもっと納得できないもの。だから無罪になるには共犯の線を崩せばいいとわかっていながら、意地でもそうしなかった。つまりそれは永中の罪状を認めるに等しく、彼を裏切るくらいなら刑務所に入る方がよっぽどマシだった」

 どうして許氏をそこまで深く思うのか尋ねてみると、

「男は人生で出会う男で、ああこいつにはどうやっても勝てない、というのが何人かいるんだよ。地位や経済力とか、そんな表層的な尺度ではなくて、肚の据わり方や器の大きさで…。

 僕には男として勝てないと思った人間が2人いて、1人が永中でした。理屈じゃないんだよ。世間の評価はおいといて、永中は想像できないくらい普段は穏やかで、発想力も胆力も人並み外れて凄い男だった」

〈法曹界の仕事はドブ掃除や〉を身上としてきた氏は正義の考え方も独特だ。

「僕が小学校の時、先生がこんな話をした。それは中国の貧村で飢えた子供のために柿を盗んだ父親の話で、警察は息子にも事情を聞くんだけど、彼は父親を庇って嘘をつく。さて彼は善ですか悪ですかと聞かれて、僕は直感で“善”と答えた。

 つまり法が人と人の横の関係の約束事だとすれば、親や子を思う心は天と人の縦の関係に生じ、己の偽らざる心に正直であることが僕の正義になった。するとどうしても情の世界になるし、弁護士として一線を越えた点は反省するが、しかし自分の良心に恥じることはしてこなかった」

 信義に生きた法律家は、世間や古巣から恨みを買い、罪を問われた。その是非はともかく、常に事件の裏で取りこぼされる人々の思いや息遣いを、これほど生々しく伝えた本も珍しい。〈本当の悪と、社会にある程度必要な悪とを、きちんと見極めること〉。それが「たぶんこれが僕に書ける最後の本」という田中氏の遺言だ。

【著者プロフィール】
田中森一(たなか・もりかず):1943年長崎県生まれ。岡山大学法文学部在学中に司法試験に合格し、1971年検事に任官。大阪・東京地検特捜部等で活躍し、1987年退官、大阪で弁護士を開業。2000年3月、石橋産業手形詐欺事件で逮捕され、2006年1月東京高裁で懲役3年の実刑判決。2008年2月の上告棄却を受け、同3月収監。同4月には別の詐欺容疑で逮捕、懲役3年が加算され、2012年11月に仮釈放。著書に『反転』『塀のなかで悟った論語』等。155cm、40.5kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
許永中、金丸信、小沢一郎らバブル後の経済事件をまとめた本
海老蔵殴打事件 元リーダーとの示談金3億円説が浮上
「若狭湾唯一の弁護士」として相談担う美人弁護士撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP