体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いよいよ11月8日公開 柳楽優弥主演「最後の命」松本准平監督インタビュー

DSC_1139

映画監督 松本准平氏
1984年長崎県生まれ。東京大学大学院工学系建築学専攻終了
2011年に辻岡正人、穂花、上山学、でんでん、根岸季衣を迎えた劇場デビュー作「まだ、人間」を制作。
劇場作品2作目となる本作「最後の命」が11月8日に劇場公開となる。

映画化が不可能ではないかといわれていた芥川賞作家「中村文則」氏の作品「最後の命」が、11月8日より劇場公開となる。

柳楽優弥、矢野聖人、比留川游をはじめとした豪華俳優陣が演じるだけでなく、主題歌「Snowing」はCoccoが担当。

また本作は、公開直前に、NYチェルシー映画祭にて、最優秀脚本賞を受賞した。映画ファンのみならず、劇場公開に先だって期待が集まっている。
メガホンを取った松本准平監督に、本作の見所を聞いた。

DSC_1146

Q.本作「最後の命」は、映像化が難しいのではないかといわれていたとうかがっています。
映像化のオファーを原作者の中村文則氏に申し出たのは、原作のどういった点を魅力に感じたからなのでしょうか?

松本准平監督(以下 松本)
原作の中では、明瀬桂人(映画では柳楽優弥が演じている)と、冴木裕一(映画では矢野聖人が演じている)が、幼少期に目撃した婦女暴行事件のために、回復しようのない心の傷を負って、善悪に分かれていく様が描かれています。

pubmain

ただ、この作品は、人間を単純に善悪に割切るのではなく、善の中にある悪に翻弄される人間や、悪に苦しみながら善を願う人間を掘り下げた描写が深いです。そういったシーンを映像で描いてみたいと思いました。

とはいっても、原作を読み返すたびに、映像で描きたいことが変わっていった気がするんですよ。

原作では、人間の中に潜んでいる原罪(注:キリスト教でいわれる、人間が産まれながら持ち合わせている罪)がわかりやすく、はっきりとエンターテインメントとして描かれていると思ったんですね。

前作「まだ、人間」でもそういったことを描いたのですが抽象度の高い映像になったので、そういった点をさらに具体的に、かつ、原作を踏まえた上で映像化したいと思ってオファーさせていただきました。

 

わかりやすい物語が求められる時代の中にある人間の葛藤を描きたい


Q.今の時代は、3.11の収束も見えないし、不況のこともあって、大多数の人がわかりやすい物語を求めるような気がします。

プレス試写で作品を鑑賞させていただいて、原作以上に、簡単な善悪を描かず、それでいて映像中の人物がとても魅力的に描かれていたと思います。

作品中では、冴木が、まさに悪の権化のように女性を襲うシーンがあって、目を覆いたくなったのですが、ラストのシーンを見て、彼が一番愛情深い人物に見えました。


(松本)
おっしゃる通り、本作の中で、冴木裕一は社会的に「悪」という存在に隔てられます。とはいえ、裕一が考える「悪」には簡単に染まれないから、あれだけ苦しんでいるんだと思うんですよ。

映像の中で見せている裕一の葛藤は、彼の中の良心と悪の葛藤でしょうし、ラストシーンで桂人へ見せた人間らしい表情は、その葛藤が昇華した姿でしょうね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。