ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

くるり、「THE PIER」からのリカットシングル&企画アルバム「くるりとチオビタ」の同時発売が決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
くるり、「THE PIER」からのリカットシングル&企画アルバム「くるりとチオビタ」の同時発売が決定

くるりが本日より、アルバム「THE PIER」を携えた全国ツアー「金の玉、ふたつ」をスタートした。「THE PIER」の世界観がライブでどのようにパフォーマンスされるのかに大きな期待が寄せられる中、新たに2アイテムのリリースが発表された。

1つ目は現在大ヒット公開中の映画『まほろ駅前狂騒曲』主題歌「There is(always light)」、“変な”新曲としてビデオクリップも大きな話題となった「Liberty&Gravity」をリードトラックとした、アルバム「THE PIER」からのリカットシングル。

“Special Edition”と銘打った今作は、旧知の仲である元SUPERCAR、現在は「Koji Nakamura」「iLL」「NYANTORA」など様々な名義で活動を続ける中村弘二の監修による「Liberty&Gravity」New Mixや、若干20歳でSonerSoundに最年少出演するなど、注目を集める京都在住のアーティスト・MadeggによるRemix、さらに岸田繁自身の弾き語りデモバージョンなどを収録した、ファン垂涎のレアトラック集と呼ぶべきもので、「THE PIER」をより掘り下げるアイテムとなっている。初回限定盤DVDには、田向潤のディレクションで大きな話題となった表題曲2曲のミュージック・ビデオを収録している。

さらに、大鵬薬品の「チオビタ・ドリンク」のCMソングとして、2007年から7年間にわたり使用された数々の楽曲を収録した企画アルバムが同時発売されることも決定。同一楽曲による長期間のタイアップは多くあるものの、「チオビタ・ドリンク」のCMのように、期間ごとに、同一アーティストの様々な楽曲が使用されるケースは非常にまれで、“このCMでくるりを知った”という人も非常に多く、作品化への要望が多く届いたため、リリースされる運びとなった。

アルバムは「くるりとチオビタ」とストレートなタイトルに決定。長年にわたるくるりとチオビタ・ドリンクの愛情あふれるコラボレーションを総括するかのような、まさに「愛情一本」ならぬ「愛情一枚」の作品となっている。収録楽曲はアルバム「ワルツを踊れ」「魂のゆくえ」「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」「坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)」、そして最新アルバム「THE PIER」からの代表曲でつづられたベスト的な内容となっており、1,980(+税)と非常にリーズナブルな価格も含め、くるりの入門盤としても最適な作品といえる(全曲リマスター)。

両作品とも発売は12月17日となっており、一足早い、くるりからのクリスマスプレゼントになりそうだ。

リリース情報

シングル「There is(alwys light)/Liberty&Gravity」Special Edition
2014年12月17日発売
初回限定盤DVD付き VIZL-764 1,600円+税
通常盤 VICL-37008 1,200円+税
収録曲
1. There is(alwys light)
2. Liberty&Gravity
3. There is(alwys light)-alternaitive mix-
4. Liberty&Gravity -alternaitive mix-
5. Liberty&Gravity -Madegg remix-
6. Liberty&Gravity -demo ver.-

企画アルバム「くるりとチオビタ」
2014年12月17日発売
VICL-64272 1,980円+税
収録楽曲
Jubilee / シャツを洗えば(くるりとユーミン)/ 太陽のブルース / 魔法のじゅうたん / 旅の途中 / 奇跡 / o.A.o / Taurus / ロックンロール・ハネムーン / loveless
全10曲収録、全曲リマスター ※曲順未定

関連リンク

くるり オフィシャルサイトhttp://www.quruli.net/
くるり オフィシャルfacebookhttp://www.facebook.com/qrlinfo
くるり オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/user/QuruliOfficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。