ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野田洋次郎(RADWIMPS)、『トイレのピエタ』 で映画主演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年初夏に公開予定の映画『トイレのピエタ』(配給:松竹メディア事業部)で、RADWIMPSの野田洋次郎が主人公・園田宏を演じることが発表された。

本作は、“マンガの神様”手塚治虫が死ぬ直前まで綴っていた病床日記にインスパイアされ、『ピュ~ぴる』で国内外から高く評価された映画監督・松永大司が完全オリジナルストーリーで脚本化。劇場長編初監督作品として完成させたもの。

「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」など、名作傑作を数多く生み出し、 数多の作家に影響を与えた手塚治虫の作品には、“生命の尊さ”が常に命題として根底に流れている。本作では、そのテーマに真正面から挑んだという。

製作は、映画化不可能と言われた『ノルウェイの森』をはじめ数々の話題作をてがけてきたプロデューサー・小川真司と『ヘルタースケルター』のプロデューサー・甘木モリオがタッグを組む。

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

手塚治虫/1989 年 1 月 15 日最後の日記より
今日素晴らしいアイデアを思いついた!
トイレのピエタというのはどうだろう。
癌の宣告を受けた患者が、
何一つやれないままに死んでいくのはばかげていると、
入院室のトイレに天井画を描きだすのだ…(中略)
浄化と昇天。
これがこの死にかけた人間の、世界への挑戦だったのだ!

映画『トイレのピエタ』
原拠:手塚治虫
脚本・監督:松永大司
主演:野田洋次郎
配給:松竹メディア事業部
2015年初夏全国公開
(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、映像作品『×と○と君と』のジャケ写&『DOCUMENT 4×4』のトレーラー公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP