体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

cinema staff、故郷岐阜での自主企画イベント第2弾も大盛況

cinema staffのメンバー出身地・岐阜で行う自主企画イベントの第2弾となる『cinema staff presents"OOPARTS 2014"』が、先週末11月1日(土)の岐阜CLUB Gにて開催された。cinema staffの呼びかけのもと、my young animal/鳴ル銅鑼/the band apart/東京カランコロン/group_inou/LOSTAGEなどが出演。“故郷岐阜を盛り上げていきたい"というcinema staffの想いに賛同する、全6バンドがこの日岐阜に結集した。

11月1日(土)@岐阜CLUB G (okmusic UP's)

この日の大トリを飾ったcinema staff。TVアニメ『進撃の巨人』後期エンディングテーマとしても話題となった「great escape」を名刺代わりに演奏すると、一気に熱くなる会場。温かい声援に迎えられながら「どうもありがとう、岐阜県のcinema staffです。よろしく!」と、第一声を発する三島(Ba)。ライヴでは常に「岐阜県から来ました、cinema staffです!」と挨拶をする、律儀な姿勢はここでも変わらない。

岐阜から上京して東京生活を送る中でできたという楽曲「tokyo surf」を続いて演奏し会場を揺らすと、演奏の合間には、観客へ「ありがとう」と一言三島が発するなど、故郷岐阜での凱旋ライヴならではの観客とのやりとりも。「borka」「into the green」と続けて演奏した後は、飯田(Vo&Gt)が「行けるか? 行けるか!? 混ざっていけ!」と観客を煽り、「西南西の虹」で会場はさらに揺れる。

最後は「cinema staffが始まったこの岐阜から、cinema staffの始まりの曲「AIMAI VISION」を聞いてください」という紹介の後、CDでは未発表・ライヴでしか演奏していないながらもファン人気の高い同曲を披露。「これからも、岐阜 県から来ましたって言っていいですか?」という三島の問いかけに、歓声のあがる会場へ向けて、故郷岐阜への想いをこめた楽曲「望郷」をアン コールで演奏し、全8曲でcinema staffのステージは終了。ライヴ中、何度も何度も「岐阜県のcinema staffです」と発言していた三島。故郷への熱い想いを重ねたイベントは、拍手と歓声が鳴り止まないなか、大成功のうちに幕を閉じた。

この日のイベントを終え、企画者であるcinema staffの三島は、OOPARTS代表として第2回も大成功となった自主企画イベントと今後について「これからも、メジャーのフィールドに限界までDIYスピリットを持ち込むやり方にこだわり、周りの人を楽しく巻き込んで、なるべく長く続けていけるように精進していきます」と抱負を語った。

なお、この後もSAKANAMON、a flood of circleなどとの対バンや台湾でのライヴなど、各地で精力的に活動を続けるcinema staff。今後の彼らの動きにも注目だ。

【セットリスト】
1.great escape
2.tokyo surf
3.borka
4.into the green
5.西南西の虹
6.theme of us
7.AIMAI VISION
EN.望郷

photo by ヤオタケシ

三島想平コメント
「OOPARTS 2014が無事…と言えたかどうかは分かりませんが終わりました。楽しんで頂けましたでしょうか? 今年は去年の反省点を生かしつつも実験的な企画を何個か 実施することが出来ました。それによって新たな反省点が沢山見えてきたのは事実です。きっと全員が100%満足出来るイベントなんてものは存 在しませんから、少しずつ勉強し、なるべく多くの皆様に満足して頂けるポイントを探っていければと考えてます。改めて、東京に居ながら地元で イベントを打つ大変さが身に染みました。今年は去年よりさらに周りの友人やスタッフに支えられて可能になった部分が多く、本当に感謝しており ます。幸せものだと思います。来年のことは今は考えたくありません(笑)。しかし、やりたいと思うことや呼びたいと思うアーティストは沢山あり ます。これからも、メジャーのフィールドに限界までDIYスピリットを持ち込むやり方にこだわり、周りの人を楽しく巻き込んで、なるべく長く続けていけるように精進していきます」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。