ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本シリーズ中継が低視聴率 来年の地上波全国中継に暗雲も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースを4勝1敗で下して幕を閉じた日本シリーズ。日本一決定試合となった第5戦の中継は、関西地区では19.6%、九州地区では26.7%と高視聴率をマーク。だが、関東地区では10.3%とかろうじて2ケタを獲得するに留まった。

 シリーズ全体を通しても、関東地区では第1戦の11.8%が最高で、第3戦、第4戦では8%台をマークするなど全体的に低調だった。

 両チームの地元では盛り上がったのだが、関東地区までは波及しなかったと言える。しかし前回、同カードで行なわれた2003年のシリーズは、関東地区でも1試合を除いて20%超え。第1戦、第6戦は25%超の高視聴率で、全国規模で盛り上がっていたことがうかがえる。在京テレビ局関係者が話す。

「今年のシリーズは正直、期待外れでしたね。阪神なら、関東でもある程度の数字を取れると思っていましたから。この視聴率なら、通常番組を放送したほうが良かったという声もあるほどです。

 以前と比べれば人気がなくなったとはいえ、関東ではやはり巨人が出場しないと、視聴率が見込めないとわかりました。昨年のシリーズは田中将大を中心とした楽天との対決だったこともあり、視聴率は好調。第7戦の27.8%を始め、7試合中6試合で20%以上でしたから」(同前)

 今年の日本シリーズの低視聴率は、後番組にまで影響を及ぼした。

「TBSで中継した日本一決定の第5戦直後の『MOZU2』は5.9%、第2戦直後の『ごめんね青春!』は6.7%でした。両ドラマは、放送時間が遅れた影響もないとは言えませんが、今までのシリーズではありえない展開です。

 普段、好調な番組も視聴率を落としています。第3戦直後の『報道ステーション』(テレビ朝日系)は9.6%、第4戦直後の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)は8.8%。ともに、普段は2ケタは堅い番組ですから、シリーズの悪影響が出たと言えます」(同前)

 これまで、日本シリーズ中継はドル箱であり、局全体の視聴率を押し上げる優良コンテンツだった。

「日本シリーズがナイター中継になった1994年、テレビ朝日が3~5戦を中継しました。この年は『10.8決戦』を制した長嶋巨人と黄金時代の森西武の対決で、大いに盛り上がり、40%、40.1%、40.2%と驚異的な数字をマークしました。

 その好影響は、後番組『のニュースステーション』にも及びました。17.4%、22.9%、34.8%と、日本シリーズ中継と連動して高視聴率を記録したのです。だから、今年、シリーズ直後の『報ステ』が1ケタに終わったことには隔世の感があります」(同前)

 前回のホークス対タイガースの顔合わせとなった2003年も、後番組への好影響が見られた。

「テレビ朝日が中継した第3戦は23.2%。後番組の『ニュースステーション』も21.5%にまで上昇した。同年10月の『ニュースステーション』は水曜日平均15.6%でしたから、6%近くアップしたわけです。同局は第6戦も中継し、26.1%に。すると、後番組の『日曜洋画劇場』は19.5%に。もちろん、テレ朝だけでなく、他局でも同じ傾向が見られました。

 昨年の楽天対巨人のシリーズも、後番組の視聴率は好調で、ほとんど2ケタをマークしました」(同前)

 今シリーズの低視聴率は、来年の中継にも響くかもしれないという。

「数字がこれだけ悪いと、来年以降は地上波で全国放送されない可能性も出てくる。巨人が出れば中継されるでしょうけど、それ以外のカードだと見合わせる局もあるでしょう。

 1ケタになるなら、通常番組を放送したほうが良い。野球は延長の可能性もあるため、視聴率が悪いと、局全体にダメージが拡がる。たとえば、3時間中継して1ケタで、後番組も数字が伸びなければ、全日視聴率でかなりの痛手となりますからね……」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人戦中継がフジテレビやTBSに偏り、テレ朝にはない理由
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
視聴率低迷のフジテレビが目指す目標に困惑する局員もいる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。