ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パイロット気分でお目覚め?ジャンボジェット機がホテルになった!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデンのストックホルムにあるアーランダ空港に置かれているジャンボジェット機。

実はこの飛行機、ボーイング747をリフォームしたホテル、「Jumbo Hostel(ジャンボ・ホステル)」なのだ。

部屋の種類は意外と豊富で、シングルルームや家族向けの4人部屋、シェアルーム式の共同ルームのほか、機長室はコックピットスイートとして宿泊が可能。

シャワー、トイレ付きのシングルで一泊226ドル(約2万5700円)、コックピットスイートはダブルベッドで、1人一泊311ドル(約3万5300円)。

部屋には全て薄型テレビが取り付けられており、全フライトを確認することもでき、全室ワイヤレスブロードバンドも完備。

また、ファーストクラスのあった2階は24時間営業のカフェになっている。

ホステルのオーナー、オスカー・ディオス氏によれば、今後、翼部分にガラスの屋根を設置したリラックスルームやエンジンルームにダブルベッドの部屋を作るなど、さらなるリフォームも検討しているとか。

旅先での経験はどんなものでも楽しいが、こんな一風変わったホテルに泊まってみるのも面白そうだ。

JUNBO STAY
http://www.jumbostay.se/

旅行(まとめ)
ホテル(まとめ)

The post パイロット気分でお目覚め?ジャンボジェット機がホテルになった!! appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP