ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPad、大型化でmini消滅?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新モデル発売の噂が取りざたされるiPad。11月になり、アップル社製品関連の情報サイト「MACお宝鑑定団blog」 が新作iPadとなる「iPad Pro」についての噂を伝え、話題になっている。

【画像や図表を見る】

同ブログでは、「信頼出来る情報筋」からの情報として、「iPad Pro」は12.2インチのディスプレイを搭載し、Surface Pro 3の対抗モデルになるとする。厚みはiPhone 6とiPhone 6 Plusの間くらいで、iPad Airよりは薄く、iPad Air 2よりは厚くなる。またデザインはiPad Air 2がベースで、スピーカーおよびマイクが底面だけでなく頂点にもあり、ステレオ再生が可能になっているとのこと。

さらに同ブログは「iPad Pro」が登場するのは2015年第3四半期としており、海外メディア「Phone Arena」がこれを引用するなど、世界的に噂が駆け巡っているところだ。

これまで「iPad Pro」は12.9インチになると噂されてきたが、今回の記事では12.2インチとされるなど、毎度やきもきさせられるアップル社製品の新情報。現行iPad Air2の大きさが9.7インチ、iPad miniが7.9インチということから考えると、いずれにしてもかなり大型化することになる。

ネットでは、この大型「iPad Pro」により、iPad miniが廃止されるという噂も登場している。Twitterには、

「確かにiphone 6plusとiPad miniの境界線微妙だもんね」
「iPhone 6 Plusの存在を考えれば、もう存在意義が薄いからね」

と、iPhone 6 Plusが出た今となっては、iPad miniとの差別化が難しいと指摘する声もあるが、

「噂段階だけれど、miniの大きさと軽さが好きだから是非残って欲しいもんだ」
「miniと同じ使い方するには6plusはちっちゃいぞ」

という擁護派も。一方で、

「もちろんappleなのでただ大きいだけじゃないことを期待したい(´・ω・`)」
「iPad Pro 発売されそうな予感だけど、ラインナップを増やすんじゃなくて、品質を上げて欲しい」

など、スペックの向上を期待する声がみられる。

いずれにしてもiPad Air 2が10月24日に発売されたばかりで、「iPad Pro」はまだまだ噂段階。iPhoneが大型化を突き進むなか、iPadの進化の行方にも注目だ。
(R25編集部)

iPad、大型化でmini消滅?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

iPod classic終了の噂
iPodの終焉?ユーザー不安の声
iOS8の便利な文字入力あれこれ
iPhone6の製作者はハゲ?
「窓vs.林檎」の論争に終止符?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP