ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AR用画像認識技術を活用したサービス「BIGBANG VISAカード」がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴとリコーが共同開発したAR用画像認識技術を応用したスマートフォン向けアプリケーション(アプリ)を、三井住友カードが発行する「BIGBANG VISAカード」で楽しめるサービスがスタートした。

クレジットカードの券面をARのマーカーとして認識し、様々なコンテンツを展開するサービスは、世界初になる。

このサービスでは、ARで用いられる最新の画像認識技術を活用し「BIGBANG VISAカード」の券面画像をスマートフォンで撮影し取り込むことでBIGBANG専用アプリにログインすることができ、動画やゲーム、クイズなど様々なコンテンツを楽しめる。

AR(Augmented Reality)とは、最新の拡張現実機能のことで、マーカーと呼ばれる予め決められた素材を撮影することにより、スマートフォン上で「実際にはその場に無いコンテンツ」を楽しめる機能。

提供するアプリケーションは、リコーの「Clickable Paperサービス」をもとに、共同開発したもので、今後は、専用アプリの制作を進めすすめ、様々なコンテンツやサービスの展開が予定されている。

「BIGBANG VISAカード」
http://ygex.jp/bigbang/visa/

関連リンク

BIGBANG OFFICIAL SITE:http://ygex.jp/bigbang/
BIGBANG オフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」:http://fc.avex.jp/vip/
BIGBANG オフィシャルモバイルサイト「BIGBANG☆WORLD」http://bigbang-world.com/ (スマートフォン)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP