ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今度のミッションは“空”へ!? シリーズ第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』のド派手なトレーラー映像を公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界累計興収2300億円突破のメガヒット・シリーズ最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(原題:『FAST&FURIOUS 7』)の日本公開が、2015年4月17日(金)に決定。本日、初の映像解禁となる、おなじみのメンバーが集結したインターナショナル・トレーラーが公開されました。

<ストーリー>
ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を壊滅させ、レティ(ミシェル・ロドリゲス)を奪還したドミニク(ヴィン・ディーゼル)と仲間たち。ロサンゼルスで安息の日々を過ごす彼らのもとに、東京から1本の電話が入る。「お前たちの仲間を殺した」――電話の主はイアン・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。オーウェン・ショウの兄であり、かつてドミニクたちが対峙(じ)したどんな敵よりも恐ろしい男だった。弟の仇(かたき)を討つため復讐(しゅう)に燃えるイアン・ショウと、仲間を失い怒りに燃えるドミニクたち。すべてを賭けた最後の戦いの幕が開く!

今作には、ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ドウェイン・ジョンソンといったシリーズのオールスターメンバーに加え、最強の敵役としてジェイソン・ステイサムが参戦! 東京、アブダビ、ロサンゼルス……、世界中の都市を飛び回り、“SKY MISSION”と邦題が付けられただけあって、地上にすら収まらない壮大なスケールの戦いが繰り広げられます。


トレーラー映像では、「こんなのアリ?」と思わず驚く空中からのカー・ダイブをはじめ、常識も重力も超越したスタイリッシュなアクションがハイスピードで展開。イカしたクルマとイカれたヤツらが、そのドライブテクニックと鍛え抜かれた肉体を武器にこれでもかと暴れまわります。ワイルドだぜ!

そしてやはり注目は、兄貴ことジェイソン・ステイサムの登場。前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』でカメオ出演していたステイサムが、最新作で本格参戦を果たします。ステイサム兄貴と言えば、これまで勧善懲悪の一匹オオカミ的なキャラクターが多かった印象ですが、果たして今作では、どんな悪役姿を披露してくれるのでしょうか。これまで幾度となく限界を超えてきた最強のファミリーとの戦いにも期待です。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』インターナショナル・トレーラー(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=OKq4kCsDOTU

『ワイルド・スピード SKY MISSION』

監督:ジェームズ・ワン
脚本:クリス・モーガン
製作:ニール・モリッツ、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォトレル
製作総指揮:サマンサ・ヴィンセント、アマンダ・ルイス、クリス・モーガン
キャスト:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、クリス・リュダクリス・ブリッジス、エルサ・パタキー、ルーカス・ブラック、ジェイソン・ステイサム、ジャイモン・フンス―、トニー・ジャー、ロンダ・ラウジー、カート・ラッセル

(C) 2014 Universal Pictures

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP