体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リノベの女王」が古民家賃貸に挑戦! 予算25万のDIYカスタマイズ

生活・趣味
「リノベの女王」が古民家賃貸に挑戦! 予算25万のDIYカスタマイズ(写真撮影:アポロ計画)

福岡から飛行機で約40分。長崎県の五島列島を構成する島のひとつである五島市・福江島に、「リノベの女王」の異名をもつ女性が暮らしている。これまで2年に1回のペースで引越しを重ねてその家々でDIYを施してきた。出産を機にふるさとへUターンし、この夏にセルフDIYできる賃貸古民家に入居。DIYに目覚めたきっかけ、賃貸なのにリノベーション(以下、リノベ)できた経緯、そして今回のDIYなどについて取材した。

<入居者プロフィール>
芳澤瞳さん(35歳)+長男(2歳)
■住まいデータ
所在地:長崎県五島市
アクセス:「五島福江空港」より車で10分、「福江港」より車で15分
築年数:約40年
間取り:1LDK(LD8畳・和室6畳)/土地190坪・建物50m2(平屋)
家賃:1万円
入居時期:2014年7月

【画像1】間取図 Before/After

【画像1】間取図 Before/Afterインテリア好きが高じて開けたDIYへの道

福岡でリノベ事情に詳しい方はご存じかもしれないが、芳澤瞳さんは一部のリノベ業界人から「リノベの女王」と呼ばれている。「嫌なんです、その呼び名(笑)」と芳澤さん。聞けば、福岡で一人暮らしを始めた22歳から15年ほどの間に、2年に1回のペースでいわゆる「ボロ物件」への引越しを重ねてはカスタマイズを繰り返してきた、筋金入りのDIY女子。あるリノベのイベントに参加して業界で活躍する人たちと親交を深めたことから、こう呼ばれるようになったのだそう。

そんな芳澤さんがDIYに目覚めたのは、ある家具との出会いだった。「初めてのボーナスで、25万円のアンティークのサイドボードを買いました。当時の住まいは釘一本打てないような一般的な賃貸マンション。届いたその家具を部屋に置いたら、まあ似合わないこと! この家具に合う部屋に住みたいと思うようになったのが最初のきっかけですね」

物件探しでこだわったのは、自分で手を加えても大家さんに怒られなさそうな「ボロ&格安物件」。大家さんに内緒でDIYをしていたが、物件の価値を上げたということで退去時に修繕費を請求されることもなく、敷金も全額戻ってきたという。「2年ほど住んで部屋も仕上がってくると別の部屋をDIYしたくなってきて。そうして自然とスキルアップしていったという感じですね」

※賃貸物件に手を加える場合は、原則としてオーナーもしくは管理会社の許可が必要です。また、敷金が全額戻ってくるとは限りません。

【画像2】DIYを始めるきっかけになった、東京・中目黒の家具店「HIKE」で購入したサイドボード(画像提供:芳澤瞳)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会