ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

共働きママ 「0才から保育園は可哀想」と実母に言われ悩む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いつの時代も、子育ては、女性にとっての悩みのタネ。ネット上の悩み相談掲示板を見ても、子育て関連の投稿はかなり多い。そこで、編集部に読者から寄せられた子育てに関する悩みに、川崎医療福祉大学医療福祉学部特任教授で、子供への接し方を優しく説いた著書『子どもへのまなざし』(福音館書店)がロングセラーとなっている児童精神科医の佐々木正美さんが答える。

「共働きのため、8か月の息子を保育園に預けています」と話すのは東京都在住のMさん(34才)。

「先日、いつものように息子を預けて出勤。ところが、保育園から、息子が熱を出したので迎えにきてほしいと言われたんです。仕方がないので実家の母に連絡し、代わりに迎えに行ってもらえないかと頼んだんです。そうしたら、『大体ね…』と始まって」

 いわく、「0才から人に預けるなんてかわいそう、3才までは母親が育てるべきでしょう」「病気のときですら迎えに行けないなら、仕事なんて辞めなさい」と長々とお説教をされたのだとか。

 Mさんは「母は、専業主婦で働いたことがないから、再就職がどれほど大変かわかっていないんです」と悩みを打ち明けた。

 Mさんのように子育て観の違いから、自分の母親世代と意見が衝突するケースは多いと、佐々木正美さんは言う。

「時代や社会が変われば、子育ても変わるもの。世代間ギャップはあって当然です。どちらがいい悪いとは言えませんが、かつての子育てが今の時代に合っていない場合もあります。今回のケースで、保育園に預けるのは、子供にとっても良い選択。子供は早いうちから、母親だけでなく、さまざまな人間関係の中に置いた方が、コミュニケーション能力を養う上で望ましいんです」(佐々木さん)

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シッター事件の背景「24時間の認可保育園は5園のみ」と識者
新しい保育制度 保育認定されても待機児童になる可能性が高い
経済評論家・荻原博子氏 子に先生と呼ばれ鬼母と自分責めた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP