ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルド ネットで反響が多いのは愛されてるからか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 月間50万人が訪れる人気ブログ『まだ東京で消耗してるの?』を主宰し、『武器としての書く技術』(中経出版)など多数の著書を持つプロブロガーのイケダハヤト氏が、ネット上で話題となっている出来事を紹介。今回はマクドナルドについてのお話です。

 * * *
 ここ数か月ほど、「日米・マクドナルドの業績不振」について、ネット民がわいわいと盛り上がっています。

 声として目立っているのは、原材料に対する不信感。鶏肉品質問題が尾を引いているようで、先日行われた「チキンマックナゲットの無料配布キャンペーン」に対しても、「原料が怖いし、無料でも食べたくない」という意見が少なからず上がっています。

 不振の原因についてもさまざまな考察が上がっており、なかでも「日米で健康志向が進み、売り上げが下がった」という趣旨の意見が個人的に興味深かったです。なるほど確かに、ぼくもマクドナルドを食べるとき、「おいしいけど体にはよくないかもしれないよな…」と幾ばくかの罪悪感を抱くようになりました。10年前は喜んで食べていたんですけどねぇ。

 マクドナルドが「全店禁煙」になったことも大反響。「家族で行きやすくなった」と喜ぶユーザーがいる一方で、「そもそも健康に注意している人は、マクドナルドには行かないんじゃ?」という手厳しい意見も。「100円でたばこが吸える場所を確保できるので重宝していたのに…」と嘆く愛煙家のかたがたの声も目立ちます。

 昨今はネガティブな声が目立っていますが、こうしてたびたびネット上で話題になることを考えると、みんな「マクドナルド」というブランドが好きなようです。マックで育った1人の日本人として、今後の再生に期待です。

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マクドナルド 夜~朝のバリューセット購入者にチキン無料券
日本マクドナルド 上海福喜食品に自社のグローバル基準を認証
株主優待だけで生活する男性 マクドナルドの株で食事券獲得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP