ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クドカンドラマ低視聴率発進 TBS日曜21時枠との相性悪いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる宮藤官九郎(44)脚本で、関ジャニ∞の錦戸亮(29)主演のドラマ『ごめんね青春!』(日曜21時~。TBS系)は、初回視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)だった。約1年ぶりのクドカン脚本で、『半沢直樹』を生んだTBS日曜21時台での放送。今クールの目玉と目され、高視聴率が期待されただけに、意外な結果となったと言わざるをえない。TBS関係者が話す。

「過去5年、同枠の初回で、最も低い数字です。これまで最下位だった『特上カバチ!!』は初回12.9%で、全話平均9.38%。クドカンさんのドラマですし、立て直してくれると思いますが、さすがに先行き不安になりますね」

 一種のブランドが出来上がっていたTBS日曜21時台の枠にもかかわらず、なぜ低視聴率の発進となってしまったのだろうか。テレビ局関係者が話す。

「これには、3つの原因が考えられます。まず、前クールの日曜21時台『おやじの背中』が最終回6.2%、全話平均9.43%と低調に終わったこと。どのドラマ枠も、初回視聴率は前クールの影響を受けやすい。今クールのフジテレビの月9ドラマ『信長協奏曲』が15.8%と最近にしては良いスタートを切れたのも、前クールの『HERO』の高視聴率に引っ張られた側面はあると思います。逆に『ごめんね青春!』は、『おやじの背中』の余波を受けたという見方もできます。

 また、裏番組に、明石家さんま司会の『行列のできる法律相談所』の2時間スペシャルが放送されたことも、かなり大きい。普段から視聴率の高い『行列~』は、さんま司会になると、さらに数字が上昇する傾向にある。今回は16.9%といつもよりは伸びませんでしたが、テレビ朝日が映画版の『相棒』を放送し、TBSが新ドラマの初回だったことを考えれば、十分な数字。何よりも、『ごめんね青春!』の出鼻をくじいたことが大きい。『行列~』は、TBSのドラマ枠が好調になると、相対的に視聴率が落ちてしまう。ドラマの初回に、さんまをぶつける作戦が見事に成功しましたね。

 そしてもうひとつ、これまでTBSの日曜21時台は、『半沢直樹』『JIN-仁-』『南極大陸』『とんび』などに代表されるように、サラリーマン層など40代前後の男性に向けたドラマが多かった。その時間帯に、高校を舞台にした学園コメディである『ごめんね青春!』を持ってきたわけですから、そのギャップは大きい。10代や20代前半は、この時間帯にTBSにチャンネルを合わせる習慣を持っていなかったわけです。この編成上の問題が、いちばん大きな原因ではないでしょうか。ほかの枠であれば、10.1%という数字にはならなかったはず」

 低視聴率発進となった『ごめんね青春!』が、2話以降どう立て直していくか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
加藤綾子アナがイライラ 局幹部にメイク指摘され眉ピクピク
ジャニー氏 過去滑りまくった村上信五に「You根性あるよ」
バストランキング 1位・香川と最下位・和歌山の差は2カップ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP