ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩歩高(BBK)はOPPO R5よりも薄い4.75mmのスマートフォン「Vivo X5Max L」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 歩歩高(BBK)が OPPO R5 よりもわずかに薄い 4.75mm を謳う新型スマートフォン「Vivo X5Max L」を開発していることが判明しました。Vivo X5Max L は、5.5 インチフル HD ディスプレイや 1.7GHz 駆動のオクタコアプロセッサを搭載した同社の新しいハイエンドモデルで、認証資料に筐体サイズは 153.9 × 78 × 4.75mm と記載されています。認証の段階では 4.75mm です。先週、世界最薄スマートフォンとして発表された OPPO R5 は公称 4.85mm なので、それよりも 0.1mm 薄いことになります。質量は 146g と 5.5 インチスマートフォンの中では最軽量です。このほか、Android 4.4.4、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しています。通信方式への対応は GSM / TD-SCDMA / TD-LTE なので、この機種は中国移動版と思われます。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、インドで5.5インチAndroidファブレット「P55」を発表、操作性改善のために多数の独自機能を搭載
OPPOは4.6インチフルHDの「OPPO U3」を開発中?
HTC、自社ブランドのタブレットを2015年に投入する計画、低価格モデルは作らない模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP