ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作『フランダースの犬』、最初の邦訳「パトラッシュ=斑(ぶち)、ネロ=清(きよし)」だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日11月1日は「1・1・1」と、1が3つ並ぶことから、「ワンワンワン」の語呂合わせで「犬の日」となっています。犬が人間の生活に関わり始めた歴史は長く、日本でも縄文時代に、犬と人間が共に生活していた痕跡が認められるのだとか。

『名犬ラッシー』、『名犬ビンゴ』など、人間と犬との関係を描いた海外の物語は多々ありますが、なかでも、本国以上に日本で人気を呼んだのが、かの名作『フランダースの犬』です。ベルギーのアントワープを舞台に、貧しい少年ネロと忠犬・パトラッシュの絆を描いた物語は、今なお多くの日本人の心をとらえてやみません。アントワープ大聖堂に飾られたルーベンスの絵の前でのラストシーンは、アニメでもお馴染みの場面となっています。

 そんな『フランダースの犬』ですが、明治41(1908)年に、日本で初めて、日高善一訳で出版された際には、パトラッシュは”斑(ぶち)”、ネロは”清(きよし)”と翻訳されていたことが、本書『明治大正 翻訳ワンダーランド』に紹介されています。この”珍訳”については、2002~2012年にかけて放映された、雑学バラエティー番組『トリビアの泉』(フジテレビ系列)でも取り上げられたことがあるので、知っている方も多いかもしれません。

 現代の私たちからみると「よりによってなぜその名前を?」と首をかしげたくなるような訳ですが、本書では珍訳の時代背景も交えて詳しく解説しています。本書によれば、明治時代の日本人にとって、外国語の名称、特に人名は、なかなか覚えにくいものでした。翻訳者が名作の素晴らしさを伝えるために、読者に最後まで読んでもらおうと腐心した結果が、庶民的でありふれた名前、斑と清だったのです。

 著者の鴻巣友季子さんは、2003年にエミリー・ブロンテの名作『嵐が丘』の新訳でも知られる翻訳家でエッセイスト。『全身翻訳家』(ちくま文庫刊)や、『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり』(左右社刊)など、翻訳の裏側を描いた著作も多数。現代の私たちが、海外の名作を楽しめるのも、翻訳に尽力した先人たちのおかげと言えます。いにしえの翻訳家たちの奮闘ぶりに、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

■関連記事

佳子さまだけじゃない? 実は昔からいた「アイドル皇族」
皇女・和宮に替え玉説? 有吉佐和子が解き明かした幕末ミステリー
スコットランド独立運動でささやかれた「沖縄独立論」の背景とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP