ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遺産分割協議書はコピーでも有効?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 遺産分割協議書のことで質問があります。最初、税理士の話では遺産分割協議書は不要だとの話でした。しかし、亡くなった父が保有していた不動産を売却する事になり、不動産会社の方から作成を依頼され、急遽作成することになりました。実際に作成したのは税理士です。私は海外に住んでいて、渡航間際に書類に捺印だけしていました。渡航後は、生活が忙しく、協議書のことを忘れていましたが、先日、協議書を受け取っていない事を思い出し、税理士に連絡しました。ところが、1部は税務署が、もう1部は税理士が、最後の1部は妹が持っているとの返答でした。そして、コピーなら送るとの回答でしたが、オリジナルを送ってこないのはおかしいと思い、オリジナルを要求するつもりです。そこでお伺いしたいのですが、遺産分割協議書はコピーでもオリジナルと同等の効力があるのでしょうか?

(50代:女性)

A.

 遺産分割協議書を作成する目的は、相続人全員で遺産の分割方法などについての合意を明確にするため、不動産や預貯金などの名義変更や相続税の申告の際に用いるため、というものがあります。
 より具体的には、遺産分割協議書は、金融機関であれば亡くなられた方の預貯金を誰であれば名義変更してよいかを判断する材料とし、不動産会社であれば、亡くなられた方の土地を本当に売却できる資格がある人なのかどうかを判断する材料とします。
 また、コピーの提出を求められるか、原本の提出を求められるかは基本的に相手次第になります。一般的には原本を提出し、相手方がコピーをとり保管するという運用がなされていると言えます。
 そのため、これから名義変更などの手続きを控えている状況ならば、原本を要求した方がベターであると言えるでしょう。

 ただ、不動産の処分や預貯金などの名義変更が終わり、遺産が適切に分割され、相続人それぞれに円満に配分が終わった後には役目がなくなるものと思って差し支えありません。したがって、あくまで内容を明確にした物を保管しておきたい、ということであれば、(税理士、妹さんが保有するものと内容が同一であることを確認した上で)コピーを郵送してもらうということでもよいのではないかと思われます。

元記事

遺産分割協議書はコピーでも有効?

関連情報

後妻が亡き父の遺産を独占?!許せない!(なっとく法律相談)
協議分割(相続・遺言)
相続放棄で思わぬ勘違い!取消はできない?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP