ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

捨てられていると思われた自転車の対処は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 私は自転車の鍵を無くし、歩いて帰っている途中に道に捨てられたと思われる自転車を見つけました。ラッキーと思い、それに乗って帰ってきたのですが、その自転車のドロを落とすとまだ綺麗で、調べてみたら結構な値段の自転車でした。この場合って罪になりますか?このあとどうすればいいですか?

(10代:男性)

A.

 今回のケースでは、「捨てられていた」と思われる自転車は、実は高価なものであり、まだまだ綺麗だったということですから、誰かの持ち物であった可能性があります。そして、無くしたか、あるいは誰かに盗られた結果、道にあったのではないかと考えられます。

 こうした場合、ある人が落したりなくしたりした物(厳密に言えば、他の人が所有していた物が、その人の意思に反して、手元から離れた物)を、自らのものとして持ち帰り、使う行為となりますので、遺失物等横領罪(刑法254条)として罰せられる可能性があります。

 この罪は「どこまでが本当に捨ててあったものを再利用したのか」の判断が難しい面があります。道ばたのアルミ缶を拾い集めるように、歴然とゴミであるものを持ち帰るのは問題ないと思われますが、何らかの財産的価値があるものは遺失物横領にあたると考えた方がよいです。

 そのため、何か財産的価値のあるものを拾った場合は、速やかに遺失者か警察に提出する必要があります(遺失物法4条など参照)。その際、ご相談者様が盗んだのではないか?などと質問される可能性もあります。これに対しては、正直に「捨ててあったかと思ったが、よく見ると綺麗な車体だったので届け出た」旨をきちんと説明して、納得してもらう必要があると思いますが、がんばっていただきたいと思います。

元記事

捨てられていると思われた自転車の対処は?

関連情報

窃盗罪が成立するのは?(法律クイズ)
間違って渡されたおつり(法律クイズ)
ベルボーイを騙して他人の荷物を盗む行為は何罪?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP