ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

加藤登紀子、アーティスト活動50周年を記念した4枚組ベスト盤が発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
加藤登紀子、アーティスト活動50周年を記念した4枚組ベスト盤が発売

加藤登紀子が、アーティスト活動50周年を記念して、今年【愛すること】【語りつぐこと】【旅すること】【抱きしめること】4つのキーワードの元に、それぞれのテーマを語る上で欠かせない加藤登紀子の代表曲を全68曲収録した究極の4枚組ベスト盤を発売した。「百万本のバラ」「ひとり寝の子守唄」「さくらんぼの実る頃」「知床旅情」などの大ヒット曲と共に、最新曲「愛を耕すものたちよ」までも収録されている。

加藤登紀子は、1966年、シングル「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」でそれぞれレコード大賞歌唱賞を受賞。以後、60枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に送り出してきた。年間数十回におよぶ国内コンサートのみならず1988年、1990年のカーネギーホールをはじめ、世界各地でもコンサートを行っている。1992年には、宮崎駿監督のジブリ映画『紅の豚』で主題歌、エンディング曲を担当。同年、芸術文化活動における功績に対して、フランス政府からシュバリエ勲章を授けられた。

また、近年は野外フェスにも意欲的に挑戦し、FUJI ROCK FESTIVAL(2006年、2011~4年連続)やap bank fes(2007、2011年)に出演。世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも積極的に行い、注目を浴びている。

2012年には総監督・松本零士による映画『キャプテンハーロック』に挿入歌を書き下ろし、また、加藤登紀子のライフワークとも言える、ふるまい酒が好評の年末LIVE“ほろ酔いコンサート”が40周年を迎えた。今年は漫画「はだしのゲン」著者の故・中沢啓治が生前唯一遺した詩を歌唱したシングル「広島 愛の川」をリリースするなど、ジャンルにとらわれない、幅広い世界での活動を積極的に取り組んでいる。

また、歌手としての活動のほか、女優として『居酒屋兆治』(1983年)に出演。『紅の豚』(1992年)ではヒロイン“ジーナ役”として声優としての魅力も発揮した。国内では、千葉県鴨川市の「鴨川自然王国」を拠点として、若い世代とともに主に農業を通じて循環型社会の実現に向けて活動を続けている。

リリース情報

「終わりなき歌 加藤登紀子半世紀BEST」
2014年11月5日発売
UPCY-6950/3 4,500円(税込)
4枚組 全68曲収録

収録曲
<Disc-1> 春 – 愛すること
1 LOVE LOVE LOVE
2 愛のくらし
3 ひとり寝の子守唄
4 黒の舟歌
5 灰色の季節
6 難破船
7 愛さずにはいられない
8 冬の螢
9 帆を上げて
10 駅
11 思春記
12 My Song My Love
13 青い月のバラード
14 花筐~Hanagatami~
15 檸檬 Lemon
16 過ぎし日のラブレター
17 愛を耕すものたちよ

<Disc-2> 夏 – 語りつぐこと
1 時には昔の話を
2 赤い風船
3 鳳仙花
4 ANAK
5 Hiroshima
6 広島 愛の川
7 遠い祖国
8 あの小さな家
9 Revolution
10 1968
11 美しい昔
12 モンスーン
13 Now is the time
14 今どこにいますか
15 青いこいのぼりと白いカーネーション
16 君が生まれたあの日

<Disc-3> 秋 – 旅すること
1 知床旅情
2 琵琶湖周航の歌
3 帰りたい帰れない
4 別れの数え唄
5 時代おくれの酒場
6 この空を飛べたら
7 悲しみよ河になれ
8 わが人生に悔いなし
9 花
10 島唄
11 イラヨイ月夜浜
12 風歌 KAZEUTA
13 川は流れる
14 あなたの行く朝
15 命結-ぬちゆい
16 蒼空
17 富士山だ

<Disc-4> 冬 – 抱きしめること
1 リリー・マルレーン
2 聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d’amour
3 さくらんぼの実る頃
4 枯葉 Les feuilles mortes
5 愛はすべてを赦す
6 今日は帰れない~パルチザンの唄~
7 暗い夜
8 オルフェの唄
9 ダニーボーイ
10 美しき五月のパリ
11 灰色の瞳 加藤登紀子 featuring 村上てつや
12 忘却 oblivion
13 リベルタンゴ Libertango
14 愛の讃歌
15 愛しかない時 Quand on n’a que l’amour
16 歌いつづけて
17 百万本のバラ
18 愛はあなたの胸に L’amour dans ton coeur

関連リンク

加藤登紀子公式サイト(ユニバーサル ミュージック):http://www.universal-music.co.jp/kato-tokiko
加藤登紀子 50周年へ500曲マラソン on Twitterhttp://www.tokiko.com/500/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。