体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

11/10付ビルボードジャパンチャートおよび10/27~11/2 RADIO ON AIR DATA発表

11/10付ビルボードジャパンチャートおよび10/27~11/2 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による11月10日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2014年10月27日〜11月2日)および2014年10月27日〜11月2日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

キング・クリームソーダ「祭り囃子でゲラゲラポー」、Hot100を制す

ニンテンドー3DS専用ソフト「妖怪ウォッチ2 元祖」「妖怪ウォッチ2 本家」オープニングテーマ、キング・クリームソーダ「祭り囃子でゲラゲラポー」が混戦のシングル・セールスで1位、総合Billboard JAPAN HOT100首位を初登場で制した。4月リリースの「ゲラゲラポーのうた」も各指標でポイントを上げ、特にツイッターでは9位と急伸、25位の新作以上にポイントを伸ばす結果となった。テレ東系アニメ「妖怪ウォッチ」オープニング、Dream5 + ブリー隊長「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」も、セールス2位となり、ダウンロードで16位となるなど、全指標でバランス良くポイントを取り、総合Hot100で3位となった。

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」はエアプレイ3位と前週をキープ、他指標でも微減に留まり、総合2位を守っている。セカオワを押さえてダウンロード1位に立ったのは、シェネル「Happiness」。これは、石原さとみ&松下奈緒がW主演するフジ系木曜ドラマ「ディア・シスター」の主題歌。フィジカル発売の1か月前にダウンロードを解禁、ドラマの盛り上がりに併せ、チャートの行方にも注目だ。

3週間ぶりにツイッター1位に立ったAKB48「心のプラカード」。フィジカル2指標、ダウンロードでは順位を落としているが、エアプレイが前週よりも順位を上げ、総合でも前週21位から16位に上げている。

「妖怪ウォッチ」からキング・クリームソーダ、Dream5の最新主題歌が1、2フィニッシュ

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationはTX系で放送中のアニメ「妖怪ウォッチ」から「祭り囃子でゲラゲラポー」「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」の主題歌2曲が1、2フィニッシュを飾った。

今年1月から放送開始となったアニメ「妖怪ウォッチ」がゲームと合わせて社会現象化し、キング・クリームソーダによる前主題歌「ゲラゲラポーのうた」がヒット。本アニメチャートでの首位獲得はならなかったが、今週までに28週チャートインするロングセールスを記録中。今回首位となった「祭り囃子でゲラゲラポー」は最新オープニングテーマだ。そして、Dream5は、同アニメからもうひとつのヒット曲「ようかい体操第一」を担当。今回2位となった「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」は最新エンディングテーマで、「妖怪ウォッチ」に登場するキャラクターとコラボした楽曲だ。

そして、秋のアニメで最も話題作と放送前から注目を集めていたTBS系「ガンダム Gのレコンギスタ」からGARNiDELiAによる主題歌「BLAZING」が4位に初登場。富野由悠季が「∀ガンダム」以来15年ぶりに手掛けた長編ガンダムシリーズで、10月2日より放映がスタート。GARNiDELiAは今年度すでに「キルラキル」や「魔法科高校の劣等生」と人気作の主題歌を担当し、本アニメチャートでも上位常連組のアーティストだ。

ただいま来日中! テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」が洋楽チャートを独走

2年ぶりのニューアルバム「1989」が10月29日に発売となった、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」が、首位返り咲きから3週連続、累計6週目となるBillboard JAPAN洋楽チャートNo.1に輝いた。

ついにリリースを迎えたアルバム「1989」は、強豪ひしめく今週のアルバムチャートでも、嵐、ゲスの極み乙女。に続く3位に初登場を果たし、エアプレイチャートでは堂々の首位を獲得。洋楽アーティストとしては類を見ない絶好調発進をとげている。そんな結果にさらに追い風を吹かすべく、11月4日にプロモーション来日を果たしたテイラー。成田空港にチェックのミニワンピ×黒のハイヒールというプレッピーなファッションで登場したことが早くも話題に。そして、すでに本日11月5日朝からテレビ出演もこなし、今後も多くのメディア露出が予定されているだけに、次週も洋楽チャート女王の座をキープするのはほぼ確実だろう。洋楽チャートにおいては向かうところ敵なし、総合チャートでも国内のビッグアーティストに肩を並べる結果を残した世界のポップ・プリンセスが、来日効果を受け国内総合チャートHOT100においても、次週以降、今週の5位からさらに順位を上げることができるか、こちらにもぜひ注目したい。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会