ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[米国]ラジオ局での音楽出版社シェア率ベスト10(2014年第3四半期)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普段はあまりお目にかからない音楽出版社のデータ。アメリカの主要ラジオ1560局で、7~9月の第3四半期でどんな曲がかかったか、そしてその著作権を管理する音楽出版社のベスト10。データはTVの視聴率でお馴染みのニールセン。業界誌ビルボードが伝えた。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

1番かかった曲はサム・スミスの「Stay With Me」で、35.5万回だった。この曲を管理する、ソニーとマイケル・ジャクソンが所有する音楽出版社ソニー/ATVが1位になった。テイラー・スウィフトの書いた曲も管理するので第4四半期のシェアはもっと拡大する。

2位は2000年に創業したコバルト・ミュージックという独立系の音楽出版社。マルーン5が貢献した。3位はユニバーサルミュージック出版、4位はワーナーミュージックのワーナー/チャペルだった。このグラフを見るとコバルト・ミュージックの躍進が目立つ。だがコバルトは著作権を所有せず、頼まれて管理するだけの会社だ。

間もなくグラミー賞のノミネーションが発表になる。当ブログでたびたび書いたがサム・スミス、未だに日本盤の発売が無い。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP