ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1月31日から「2014年 国会質問力評価」をスタートします 各議員の質問が「良い質問」か、あなたも評価に参加してください!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

原 英史(株式会社政策工房代表取締役、特定非営利活動法人「万年野党」理事)
国会議員の本来のお仕事は何でしょうか? 国会の委員会などで丁々発止の質問をすること(国会質問)、法案を提出すること(議員立法)、書面質問を政府に出すこと(質問主意書)などが、本来の仕事です。ところが、現実には、地元のお祭りやイベントには熱心に参加しているものの、こうした国会質問などは全くやっていない、という国会議員も少なくありません。地元で有権者の声を聞くことももちろん大事ですが、それだけでは、「インプットだけで、アウトプットは??」と言わざるを得ないのでないでしょうか。このような国会議員の国会での活動状況を明らかにするため、特定非営利活動法人「万年野党」では、『国会議員三ツ星データブック(質問王ランキング)』の発行を行っています(データ提供は、「国会議員の活動データを集積する会」)。(最新版のデータブックは、「万年野党」会員には無料でお届けしています。)http://yatoojp.com/publisher/
 ただ、国会質問の回数などさえ多ければよい、というわけでもありません。「数」とともに大事なのは、その「質」です。つまり、いかに良い質問をし、政府の政策や予算・法案の問題点をあぶり出し、その改善につなげているか、といったことです。例えば、かつて問題になった「消えた年金」は、厚生労働省は当初問題の存在を否定していましたが、優れた国会質問によって、徐々に問題が明らかにされ、最後は政府も問題解決に取り組まざるを得なくなりました。 各国会議員の国会質問の「質」を評価し、ランキングを作ろうというのが、「国会質問力評価」です。
 以前から、「万年野党」設立メンバーの一部で、こうした試みをしてきましたが、本年から、いよいよ本格スタートすることにしました。
<参考>過去の取組○「国会ファイトクラブ」(2011年、「国会ファイトクラブ」事務局)http://blogos.com/article/25272/http://www.tokyopressclub.com/2011/11/blog-post_29.html
○「国会質問力評価」(2013年、任意団体「万年野党」)http://www.tokyopressclub.com/2013/07/2013.html
 具体的には、各国会議員の国会質問について、以下の4つの異なる視点から、総合的に評価します。1)国会議員による評価: 同僚の目線での評価2)官庁の職員・元職員による評価: 質問を受けて答弁を作る(ないし、作っていた)側の人たちからの評価3)政策専門家による評価: 政策のプロの目線での評価4)一般評価: 「万年野党」一般会員による評価
 2013年「国会質問力評価」では、上記1)~3)で実施しましたが、今回からは、「万年野党」に入会された方々には、広く評価に参加いただけるようにします。<「万年野党」入会はこちらから>http://yatoojp.com/join/
 2014年「国会質問力評価」で、最初に評価対象とするのは、1月31日から始まる、「通常国会冒頭の予算委員会(TV中継入り)」です。 例年、通常国会の冒頭では、衆参だいたい各2日ずつ、予算委員会(TV中継入り)が開催されます。これは、国会のさまざまな委員会の中でも最大の見せ場、花形であり、各政党も、ここにエース級・幹部級の国会議員を投入します。
 ちなみに、1月31日の衆議院予算委員会で質問に立つのは、以下の国会議員です(敬称略)。○午前自民:野田聖子、塩崎恭久、中谷元公明:石井啓一○午後民主:長妻昭、岡田克也、古川元久、篠原孝、原口一博
(週明けには、引き続き他の政党から。さらにその後、参議院予算委員会があります。)
 リアルタイムでTV中継を見ながら評価をつけていただいても、週末に「衆議院TV」で動画を見ながら評価いただいても、構いません。 一人でも多くの皆さんに、評価に参加いただければと思います。
<2014年「国会質問力評価」はこちらから>http://yatoojp.com/2014/01/31/215/
<特定非営利活動法人「万年野党」について>特定非営利活動法人「万年野党」は、1)政府の政策活動の監視・対案提示、2)政府の活動を監視すべき立場にある国会議員の政策活動の評価、評価結果の公表等を目的とする特定非営利活動法人です。 http://yatoojp.com/

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP